FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

何にもしていないのに

恐らくどこのメガネ屋さんでも普遍的に耳にされたことがあるであろう、この言葉。

「何にもしていなのに、メガネがゆがんだ(曲がった)」

基本的に、金属の物体が何もしないで曲がるということは、ユリ・ゲラー氏のような一部のかたを除けば起こりにくいことでありまして、何らかの力が加わったと考えるのが極めて自然であります。

ただ、それをお客様が認識していなければ「何もしていないのに」というセリフが出るのは仕方ないことでもありまして。


何もしていないのにフレームが曲がる原因の一つと考えられるのが、フレームをしまうケースの素材です。

いわゆるソフトケースを使われている場合が、結構多いのです。
たとえば、こんな感じのもの。

IMG_5145.jpg
1012211.jpg

女性ですと、手作りのものだったりします。


こういったソフトケースをカバンに入れて持ち歩くと、カバンの中にある他のものや、外からの圧力がモロにフレームにかかるため、結果としてフレームが曲がってしまうことが少なくありません。

ソフトケースはハードケースに比べて軽いし、かさばらないというメリットはありますが、取り扱いを間違えるとかえってダメージを被ることが多いので注意が必要です。
関連記事
  1. 2010/12/21(火) 23:25:51|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optkibebe.blog.fc2.com/tb.php/847-7c151e3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)