FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

K18フレームのネジ

気品と風格の漂う18金のフレーム。

1010184.jpg

フレーム自体が18金でできているのはもちろんですが、

鼻パッドのネジや
1010181.jpg


テンプル止めのネジも18金です。
1010182.jpg


フルリムなら、レンズ止めネジも18金ですし、縁なしフレームならレンズ止めネジからナットまでが18金です。
1010183.jpg


それで、このネジが抜けてなくなってしまった場合、基本的には18金のネジを付けることをおすすめはしますが、なにしろねじ一本の値段が高いのです。

パット止めやレンズ止めネジなどの短いものでも一本1,000円以上はするのが普通ですし、縁なしフレームのレンズ止めネジなんかですと、6,000円以上してもおかしくありません。

そんなわけで、「安いネジでいいよ」と、一般的なフレームに使われるステンレスネジを使ってしまうことも少なくありません。
(錆び、緩みといったことを考慮すれば、18金ネジのほうがよいとは思いますが。。。)

目立たないネジであれば、それでもいいかもしれませんが、縁なしのレンズ止めネジの場合は正面にネジの頭が見えるので、そこだけネジの色が違うのは格好のいいものではありません。

上がステンレスの金色ネジ、下が18金のネジ。
1010185.jpg

縁なしのレンズ止めネジは抜けてなくなることはほとんどありませんが、フレームが変形したはずみで折れてしまったり、大きく曲がってしまったして、新しいものに交換せざるを得ないことがあるわけです。

最初はステンレスのネジでいいとおっしゃっていたお客様も、あとから「やっぱり18金のネジにして」となることも少なくありません。

高級なものは維持費もかかるということ、どんなものでも同じですね。

もっとも、18金のフレームを使われるかたは、度が変わった場合にはフレームを生かしてレンズのみの交換をされるケースも多く、そう考えると、フレーム代がかからない分お得なこともあるかもしれませんが。

関連記事
  1. 2010/10/18(月) 23:32:34|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optkibebe.blog.fc2.com/tb.php/782-7fc77beb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)