FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

先セル(モダン)の交換

メガネフレームの各部名称のうち、耳にかけるための棒状の部分を「テンプル」と言います。

そのテンプルの先についているカバーのようなものを「先セル」とか「モダン」と呼んでいます。

これです。
tuujyou.jpg

この先セル、鼻パッドと同じように、経年変化で劣化が生じます。
変色したり、ひび割れてきたり、完全に折れてしまって中の芯金が剥き出しになってしまったりすることがあるのです。

kake.jpg

で、意外に知られていないのですが、この先セルも多くのものが交換可能です。
といっても、先セルはサイズや色・形が無数にありますから、全く同じものというわけにはいきませんが、ある程度の統一規格のようなものがあるので、それに準じている限りは類似品に交換できるというわけです。

中には、そういった規格を無視した、我が道を行くタイプの先セルもありますが、そういう場合は同じものを取り寄せできなければ、どうすることもできません。

上の画像のような、傷んだ先セルを交換するには、まず先セルを温めます。

atatame.jpg

温めてから、先セルを真っ直ぐに延ばすと、抜きやすくなります。

はい、抜けました。

bunri.jpg

芯金の形や、あいくちの太さを確認して、備蓄品の中から合うものを探します。
備蓄用として部品屋さんで販売されているものがあるので、いろいろなサイズを揃えておくようにしております。
色の選択ができる場合には、お好みの色をお尋ねします。

bitiku.jpg

新しい先セルを、芯金に差し込んでいきます。
抜くときと同様、温めながら行なうと、無理がありません。

sasikomi.jpg

最初と同じような角度・形に曲げれば、とりあえず完了です。
あとは、お客様に掛けていただき、微調整をしていくことになります。

kansei.jpg

簡単に「微調整」と書いていますが、これがきちんとできないと、ゆるかったり、きつかったりといった掛け心地の不快感を生みますので、技術を要する工程です。


先セルは、片方だけ交換することもできますが、左右で別のものになってしまうので、両方交換をおすすめしています。
当店の備蓄品に関しては、左右で1,000円いただくことが多いです。


なお、先セルの交換というのは、当然のことながら先セルのあるタイプでなければできません。
つまり、たとえばテンプル全体がアセテートで覆われているようなものは、交換ができませんので、ひび割れてしまったらテンプルごと交換になります。
ただし、ひび割れするくらいの年数が経過していると、テンプルそのものの取り寄せも不可能なことが多いのですが。。。

こんな感じのテンプルのことです。
sel.jpg

とはいうものの、交換ができるタイプなのかどうかということは、一般のかたにはなかなか判別付きにくいと思います。
遠慮なく、お店でお尋ねになってみたらいかがでしょうか。

鼻パッド同様、ちょっとした部品交換で、フレームがよみがえりますよ。
関連記事
  1. 2009/01/06(火) 20:13:06|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optkibebe.blog.fc2.com/tb.php/62-ca3197d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)