FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

水晶体

私たちの眼には、カメラのオートフォーカスのような機能が備わっています。

その役割を果たすのが「水晶体」という部分です。

先週、牛の網膜画像を披露しましたが、今週は牛の水晶体です。

1003311.jpg

眼球を矢状方向(前後)に切った様子になります。
水晶体は固くて切れなかったので、そのままの形で残しております。

真ん中の銀杏みたいなものが水晶体です。
大きさは違いますが、人間の水晶体もこんな感じです。

この水晶体が膨らむことで、近いところにピントが合うのです。

一般に「白内障」と呼ばれるのは、この部分が混濁する状態のことを言います。
関連記事
  1. 2010/03/31(水) 22:58:42|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optkibebe.blog.fc2.com/tb.php/572-aab334bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)