FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

耐用年数

明日は、今年最後の「シーメンス補聴器 無料相談会」の日です。
シーメンス社の技術員さんが来てくださいます。

IMG_2378.jpg

「補聴器はどのくらいの金額がするのですか」と聞かれた場合、当店では片耳で15万~20万くらいのものを最初にご紹介というか、ひとつの目安にしていただいています。

最上位機種ですと、片耳で40万を超えるものがありますし、低価格のものですと6万ちょっとからあるわけですが、真ん中くらいのランクのものを、最初にご紹介しています。

いずれにせよ、結構な金額がしますので、気になるのは「どれくらいもつのか」ということでしょう。
よく聞かれます。

が、答えるのが難しいのが正直なところです。

きちんとお手入れをしていれば、10年以上使ってらっしゃるかたもおられます。
お手入れを怠れば、半年経たずに故障したと言って来られるかたもおられます。
精密機械である以上、当たり外れもあるわけです。

もちろん、壊れたら即アウトというわけではなく、修理も可能です。
(余り古くなると、修理対応が終了してしまうこともありますが)

福祉扱い(自治体からの補助金で購入する)で、買い替えが可能となるのが5年経過後なので、大体5年くらいという言いかたをする場合もあるようですが、一概には言えないでしょう。

補聴器のよいところは、聴力が変わった場合でも、変わった聴力に沿うような調整をすることが可能な点でしょう。
補聴器の性能の範囲内の聴力変化であるならば、新しく買い替える必要は特にないわけです。
度が変わったら、作り変えなければいけないメガネとは、大きく異なります。

私がこの店に来てから丸7年になりますが、いまだにそのころの補聴器を使われているかたもおられますから、「大きな問題がなければ、7年やそこらはいけるんじゃないでしょうかね。まぁ、当たり外れもあるし、何とも言えないですけどね。」といった返答になることが多いような気がしています。

そう答えると「そんなに先も長くないから、別にいいんだけど」なんておっしゃるかたがおられます。
そうおっしゃらずに、長生きしてくださいね。

関連記事
  1. 2009/12/13(日) 21:51:31|
  2. 補聴器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optkibebe.blog.fc2.com/tb.php/443-6fcb7df1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)