FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

速記

今日は「速記記念日」です。

中大生だった時、私は「速記研究会」というサークルに入っていました。
細かいことを言うならば、研究していたわけではなく、練習をしていたので、「速記練習会」だと思いますが。

この速記というもの、話される言葉を独特の速記文字で書き取っていきます。
基本文字と言われる五十音をはじめとして、さまざまな省略文字や省略法を駆使していくのですが、いろいろな流派があります。
私が練習していたのは、故佐竹康平先生が、早稲田式の高速仕様として開発された佐竹式です。

流派によって、道具が異なりますが、佐竹式では0.9mmのシャープペンシルと、半紙で作られる「原文帳」を使っていました。
私が愛用していたシャープペンシルは、ノック式ではなく回転式です。先輩のお下がりでいただいたものが2本と、自分で購入したものが1本。
家宝です。
原文帳は自分で作るのですが、私はイトーヨーカドーの半紙を40枚一束にして赤い糸で綴じ、表紙に「心」と書いて使っていました。

IMG_1933.jpg
IMG_1934.jpg


ただ練習をするだけでなく、他大学を交えての大会があります。
大会は、朗読者が朗読した文章を書き取り、それを所定時間内に漢字仮名交じりの日本文に書き起こす(反訳といいます)作業の正確さを問うものです。
朗読スピード別に幾つかの階級にわかれています。

日本文に起こす作業は、「標準用字例」という表記の仕方のルールにのっとらなくてはなりません。
言葉は合っていても漢字や送り仮名の振り方が間違っていれば減点ですし、用字例で平仮名表記と規定されているものは、平仮名で書かないと減点になります。
たとえば、「羨ましい」は「うらやましい」と書かなければ減点です。
用字例独特の表記もあり、たとえば「枕詞」は「まくら言葉」、「からあげ」は「空揚げ」と書かなければなりません。
反訳作業中には、これらの表記例が載っている「用字例辞典」を参照することはできないので、漢字が書けて用字例をしっかり記憶していないと、大会で勝つことは厳しくなります。

大学対抗の団体戦となる全日本大会が年2回、1・2年生が対象の学年別個人戦である関東大会が年2回ありました。
関東大会は、同じ大学の仲間同士でも勝者と敗者が出てしまうので、打ち上げコンパ兼祝勝会は複雑な心境になってしまいます。
一方、全日本大会は他大学が相手になりますから、みんなが本当に一つになれる感じがして、私は好きでした。

私は関東大会では4連覇
IMG_1165.jpg
IMG_1164.jpg
IMG_1163.jpg
IMG_1162.jpg

4年生の冬、最後の全日本大会では、各階級で最もミスの少なかった人に与えられる最優秀選手賞をいただきました。
IMG_1160.jpg

その最後の大会で使った原文帳と反訳用紙です。
IMG_1935.jpg
IMG_1936.jpg
IMG_1932.jpg


写真だと速字が見にくいので、原文帳の2ページ分をスキャナーで取り込んでみました。
09102833.jpg
09102822.jpg


このときの大会に関しては、中大の命運は私がいかにミスを少なくするかにかかっていたといっても過言ではありませんでした。
剣道や柔道などの団体戦に例えれば、2勝2敗での大将戦を任されたような感じです。
それ故に、私の人生の中でも五本の指に入るくらい、ものすごくプレッシャーがかかり、ガチガチに緊張してしまった大会での、冒頭10数秒の文章なので、えらく乱れておりますが、書かれているのは
最近家族のあり方というものが大きく変わりつつあるというふうに言われていますその原因についてはさまざまなことが考えられるのでありますがその中で何よりも一番大きな原因は女性たちの意識や行動が
という文章です。


検定試験もあります。
年に4回ありましたが、大会や合宿と重なってしまったり、大きな飲み会の翌日で、朝起きる自信がなかったりと、日程がなかなか合いません。
1級を優秀な成績で合格すると文部大臣賞がもらえたので、それを有終の美としたかったのですが、インフルエンザにかかりチャンスを逸しました。
まぁ、一発で合格する自信はなかったのですがね。

結局、1級は一度も受けることができず「2級速記士」止まりでした。
日曜開催なので、今となっては受験することは困難ですが、高齢になって時間的余裕ができたらチャレンジしてみたいなと思います。
受かる受からないは別として、脳の鍛錬には非常にいいと思いますので。

そのころまで手書き速記の検定試験が存続しているかはわかりませんし、そもそもその時点でまともに耳が聞こえて、手が動くがどうかが微妙なんですけれども。
関連記事
  1. 2009/10/28(水) 23:06:54|
  2. 記念日・○○の日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optkibebe.blog.fc2.com/tb.php/395-3c92af15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)