FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

工具

メガネフレームを調整する際には、さまざまな工具を利用すると効率的です。

0910232.jpg
0910231.jpg

これらの工具は、ホームセンターでは売っていません。
ネットオークションみたいなもので出品されていたり、工具を販売している会社が一般の人向けにセット販売をしていたりするようなので、一般の人が入手するのは決して不可能ではないですが、結局のところ、正しい使い方を知らなければ何の役にも立ちません。

以前、当店に、「入院している友達に、メガネ屋で直してもらうように預かった」というフレームを持参されたかたがおられました。

どこで作られたかもわからないフレームで、全体にかなり型崩れしており、特にクリングス(鼻パッドを支える針金のような部分)の変形がひどいです。

「だいぶ変形しているので、修繕中に破損してしまう恐れがありますが」とお伝えすると、「壊さないようにやってくれ」とおっしゃる。

このような場合、当店では調整はお断りします。
壊れる可能性のあるものを「壊さないでやってくれ」と言われて、絶対に壊さずにやる自信は私にはありません。
壊したら最後、非常にめんどうなことになるのがわかりきっています。

ですのでお断りすると、「じゃあ工具を貸してくれ。自分でできるから」とのこと。

言われるがままにお貸しすると、いきなりクリングスをありえない方向に曲げ始めました。
「そういうやり方がもあるのかもしれない」などという考えを想起させない、どう考えても「それは違うだろう」といういじり方です。
「この状態で、どうやって鼻に乗せるのだろう」という形になりました。

こんな仕上げのものを持って帰られ「一心堂でやった」などと言われたら、たまったものではありません。

見かねて、私がやりました。
ただでさえ壊れそうなものを、とんでもない曲げ方にしてしまったものだから、壊れるリスクはさらにアップしていますから、正直泣きたくなるような心境でトライしました。

幸い、なんとか掛けられそうな状態にはしましたが、とても虚しいというか嫌な気分になりました。

工具を使うときは、正しい使い方を理解してからにいたしましょう。

関連記事
  1. 2009/10/23(金) 21:15:55|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optkibebe.blog.fc2.com/tb.php/390-068672c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)