FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

数学

幼稚園の頃、私が将来なりたい職業は医師でした。
その後、数年もせずに身の程を知ることになるわけですが、医師になりたかったくせに数学は苦手です。

中学生のころ、通知表の所見欄に「数学的センスがある」と、2年間続けて書かれました。
中学校の定期テストで、唯一100点を取ったのは理科でした。
でも、理系科目は苦手です。

高校入学の時点で、私は私大文系(商・経営系統)に狙いを定めていたので、理系科目からは足を洗いました。
足を洗ったといっても高校の授業はあるわけです。

数Ⅰや代数・幾何の授業はやたらと難しく、定期テストはクラス平均点が20~30点台とかのレベルで拷問でした。
人生で初めて0点を取ったのは代数・幾何の小テスト。
文字通り、手も足も出ず、50分間ボーッと椅子に座っていました。

2年のときの理科は物理と化学のどちらか選択制で、文系志望の私は化学を選択したものの、ろくすっぽ勉強せず、定期テストでは計算問題は勉強していないから解けないので、( )内に適切な語句を埋めよ、みたいな暗記さえしておけば答えられる問いにだけ答えて40点(クラス平均点同等)を取ったら、先生にすごく怒られました。

2年の時は、「代数・幾何」「基礎解析」「化学」と理系科目が盛りだくさんでとても辛かったですし、通知表の所見欄には担任から「今は科目にとらわれずに勉強する必要があると思われます」と書かれる始末でした。

3年になると、文系・理系でほぼ完全にクラス分けがなされたので、快適な時間割になりました。

ixy_20130307_16.jpg

ⅡBというのは英文読解、ⅡCというのは英作文、現は現代文、古は古文、体は体育、Lはロングホームルームです。
月・金の午後は「自由選択科目」の時間で、履修してもしなくてもどっちでも良かったので、私は履修しませんでした。


そんなわけで、中卒程度の数学レベルの私は、受験必修科目に数学のない経済学部に入りました。

でも、経済学って、基本的に数学使うんですよね。
経済原論や経済政策原理の講義で、微分を用いて説明されても、わけわかりませんでした。
統計学にしろ、会計学にしろ、数学の知識は必要です。

造園会社でアルバイトをしていた時、測量杭の位置決めをする際、職人さんが関数電卓をたたいていました。
「建築関係では三角関数は必須だよなぁ」と思ったのを覚えています。

ダイエー時代、売り場のマネージャーレベルは四則演算ができれば何とかなりました。

眼鏡学校の入学試験は数Ⅰが必修だったので、ダイエーの最終出勤日翌日に実家へ数Ⅰの教科書を取りに戻り、試験日までの10日ほど、真っ青になりつつ勉強しました。

眼鏡学校の講義では、幾何光学・物理光学・眼光学など、数学的知識の必要な科目に翻弄されました。
物理なんて履修すらしたことないので、呪文のようでした。

パシフィック大学では眼鏡学校で学んだレベルの光学知識で何とかなりましたが、もしO.D.コースに進んでいたら化学系の講義で難儀したと思います。

眼鏡店で仕事をするにあたり、数学力はあったほうが良いとは思います。
レンズ光学を学ぶ上では必須ですから。

補聴器関連の勉強においては、音響学で対数が使われます。
やはり数学力はあったほうが理解がしやすいです。


ということで、何が言いたいかというと・・・

「社会に出たら、数学なんて使わねぇよ」と思いながら、数学の授業を聞いている高校生は少なくないと思うのですが、仕事によっては使うこともあるから、油断はしないほうがいいよ、ということ。

数学的知識はなくてもコンピューターが最適解を出してくれれば、仕事そのものには支障はないかもしれないけれど、なぜそうなるのかというところがわかっていないと応用が利かないし、理解も浅くなるとは思います。


息子は今のところ、算数や理科に拒否反応はないので、
「数学は勉強しておいたほうがいいよ。父ちゃん、偉そうなことは言えないけど」
「理系から文系への転換はできても、文系から理系への転換は大変だから、理系に進む前提で勉強したらいいんじゃないの?父ちゃん教えられないけど」
と伝えています。

早稲田が政経学部の入試に数学を必修化するかも、という話を耳にしました。
国立大なら数学は必須ですし、数学はできたほうがいいに越したことはないのは間違いないですね。


関連記事
  1. 2020/06/07(日) 20:27:44|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optkibebe.blog.fc2.com/tb.php/3688-7425899e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)