FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

遮蔽膜

複視や像の歪みなどの不具合がある場合に、片眼を見えにくく(見えなく)することで改善させる手法を取る場合、遮蔽膜(オクルージョン)と呼ばれるシートをレンズに貼り付けるのが簡単です。

何度となく、これについてはこの場で触れていますが、毎月ポツポツと購入ご希望のかたがご来店されています。

どの透明度の遮蔽膜を、どのように貼り付けるのか(レンズ全体を覆うのか、一部のみにするのか)は、実際に店頭で試してみないとわかりません。

どの透明度にするかを決める際に、いちいちサンプル用の遮蔽膜をご持参枠に貼り付けるのも手間がかかるので、当店に在庫のあるものについてはトライアルレンズ風にしたものを用意して、テストフレームに装着できるようにしています。

6FA55FE6-C406-4301-91C7-207D14EC3BC2.jpeg

当店は、通販には応じませんので、ご遠方からの問い合わせに関しては、お近くのメガネ店さんで取り寄せてもらえないか尋ねてもらうようにお勧めしています。

といっても、チェーン店さんだと仕入れの自由がなかったりしますし、何種類も用意するのもお店としてはコストになってしまうので、なかなか難しいこともあるかと思います。

ですが、困っているかたは結構いらっしゃいますので、仕入れられるお店は数種類だけでも用意されたらどうかなと思います。


なお、遮蔽膜の使用で、両眼視する努力を放棄させることについて、どう考えているのかという問いもあるでしょう。
私としては、そういうリスクはあるとしても、QOLの向上を考えるのであれば、パートタイム的な使用は否定されるものではないとは考えます。
たとえ、好ましくないとしても、ユーザーさんは片眼を閉じたり、眼帯をしたりと、結局片眼遮蔽する手段を取ってしまうと思いますし。

それを眼鏡店の立場から積極的に勧めていいのか、という部分がネックになるのであれば、対象となるかたは、少なくとも眼科受診はされているはずですので、まずユーザーさんから主治医に片眼を遮蔽することの是非について相談をしていただき、許可を得られた場合のみ販売するとか、お店なりの販売ガイドラインのようなものを整えておいてもよいのではと考えます。





関連記事
  1. 2019/12/05(木) 00:04:05|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optkibebe.blog.fc2.com/tb.php/3649-2d90b81a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)