FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

高価な本

妻は視能訓練士ですので、眼科系の本をいくつか所有しており、結婚したときにすべて持ってきました。
そのうちの何冊かを店の検査室に置いています。

ixy_20190206_009.jpg

医学書は高価です。
妻と交際するようになる前、視能訓練士養成学校の学生がどんな参考書を読んでいるのか教えてもらい、その中からバイブル的な本をいくつか買いました。
なので、我が家にはダブっている本が数冊あるわけです。
もったいない。

妻と交際するようになり、視能訓練士の国家試験数か月前に、紀伊国屋さんに連れていかれました。
「国家試験対策に役に立つ。でも高くて買えない」そうで。

それはつまり、私に「買え」と?

私も裕福なわけではないですが、買いました、貢ぎましたよ。
それで合格できるなら、いいじゃないですか。

ixy_20190206_005.jpg

ixy_20190206_006.jpg

「眼科専門医」の問題集みたいな内容です。


で、結婚して、「眼科系の本が買わずに手に入ってラッキー」なんて思っていましたら、上述の私が貢いだ本が出てきたわけです。

高かったですからね、彼氏に買ってもらった本ですからね、役に立つって言ってましたからね、どれだけ使ってくれたんだろうと普通は思うじゃないですか。

ですがね、全然手垢がついてないんですよ。
せめて最初の数ページくらいは、何かしらの書き込みとかチェックマークとか、あってもよさそうなものだと思うんですけど、何にもないんですよ。
「中古品-ほぼ新品」にて、アマゾンで売れるレベルです。

正直、多分そんなことだろうなとは思っていたのですが、やっぱりそんなことになっていました。
買っただけで勉強した気になっちゃうことってありますからね。

役に立つことなく14年経ちました。






関連記事
  1. 2019/02/06(水) 23:43:04|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optkibebe.blog.fc2.com/tb.php/3562-5fe3efff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)