FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

デモレンズ

店頭に陳列されているメガネのフレームには、「デモレンズ」と呼ばれる、度の入っていないレンズのようなものが装着されています。

フチなしフレームやナイロールフレームの場合は、デモレンズがないと玉形自体が把握できませんし、フルリムフレームでもデモレンズがあることでリムの型崩れを最小限できたり、フィッティング時にアイポイントや眼とレンズとの距離の確認がやりやすくなります。

加工の時は、本来のレンズを組み込むためにデモレンズは外すのですが、外したものは、当店では通常は廃棄しています。
(デモレンズで玉型トレースをした場合など、特別な事情があれば保管します。)

ただ、他店で購入された新品フレームへのレンズ交換を依頼され、そのフレームにデモレンズがついていた場合は、

01cab789a1e86ec79531fbbbd45828d00bab4c937f.jpg

納品時にデモレンズもお客様にお渡ししています。
不要と言われれば廃棄しますが。

なぜかというと、以前、仲間の眼鏡店で、デモレンズを廃棄してしまったことによるトラブルがあったと聞いたからです。
要するに、そのお客様はデモレンズも必要だったということです。

デモレンズを廃棄してしまっていても、最悪、度なしのレンズで作ってしまえは済むと思うのですが、デモレンズにによってはブランド名とかなんやらが印刷されているものもあり、それが大事だったのかもしれません。

なので、他店購入枠の場合は、念のため捨てずに保管して置くようにしています。

当店で販売したフレームであっても、メーカー在庫がなくなればデモレンズの手配も不可能になりますから、一応納品するまでは保管しておいたほうが安全なのかもしれませんが・・・


関連記事
  1. 2018/11/25(日) 23:50:57|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optkibebe.blog.fc2.com/tb.php/3506-bec138a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)