FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

大きめの玉型でレンズを薄くしたい

たとえば、左右眼共に
S-6.00D 5△ベースアウト
OCD57mm
という処方度数のかたがいたとします。

この場合、耳側のレンズコバ厚が厚くなるのですが、このかたが
54□16
なんていうサイズのフレームを好まれたりすると、かなりの厚みになります。

数字だけ見てもイメージが湧かないかと思いますが、普通ならお顔に対してフレーム(玉型サイズ)が大き目な印象になります。

当店でしたら、ウスカルフレームの中から
40□20
あたりのものをお勧めしてみたいところなのですが、大き目の玉型が好みのかたには到底受け入れていただけるものではありません。

・レンズは薄くしたい
・総重量を軽くしたい
・玉型は大きいほうがいい

こういう要望をおっしゃられても、実のところ難しいです。

高屈折のレンズにしたところで、何ミリも薄さが変わるわけではありませんし、高屈折率レンズのほうが比重が大きいので、レンズ重量はほとんど変化しません。

フレームを軽くすればということで、フチなしフレームを選んだところで、耳側のコバ厚みのために加工が困難であったり、重心が前方に来てしまい、鼻に重さがかかってしまうこともあり得ます。

フレネルプリズムを使用すれば、厚みや重さの問題はかなり解消できますが、フレネル独特の見た目や透明度の低下かネックになります。

コンタクトレンズと度なしプリズムメガネ併用という手段を取るにしても、プリズムレンズの厚み自体はそれなりのものになります。

結局、どこかを妥協していただかないと、どうにもならないということになるのですが、それがなかなか。


「これだけ技術が進歩しているのだから、革命的に薄くなるレンズがどうしてないの?」と言われたりもするのですが、私に言われましても・・・



関連記事
  1. 2018/10/10(水) 23:50:40|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optkibebe.blog.fc2.com/tb.php/3472-fc23a09f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)