FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

現品ですか?

当店でフレームを選ばれたお客様に一度だけ言われたことがあります。

「現品ですか?」と。

つまり、今お客様が手にしている店頭在庫にレンズを組み込むのですか、ということです。
当店の場合、通常は店頭在庫を販売します。
お客様が「このフレームにします」とおっしゃられ、「では、新しいフレームをお取り寄せしますね」ということは、通常はありません。

多くの眼鏡店では、店頭在庫を販売するのではないかと思います。

だいぶ前に、「同じフレームを2本用意しておき、一本は店頭在庫として売り場に出し、もう一本を販売する」というスタイルのお店がネットか雑誌に載っていた記憶があります。

期間限定で問屋さん・メーカーさんからフレームを貸していただけることはありますが、常時在庫をするとなると、仕入れ(=買取り)となるのが、ほとんどの眼鏡店ではないかと思います。

店頭在庫を売らずに、都度新品を販売するとなると、売っても売っても店頭在庫は減らず、新しいフレームを仕入れれば仕入れるだけ在庫が膨らんでいくことになります。
よほどの販売力があれば、いろいろやり方はあると思いますが、当店のレベルでは、経営的側面からいうと、これはかなり危険なことです。

そういった背景もあり、店頭在庫を販売し、商品を回転させていく店舗のほうが多いと思います。


店頭に置いておき、だれもが自由に触れられる陳列であれば、何かのはずみでフレームのメッキがはがれてしまったりすることはあり得ます。
そういう場合は「訳ありフレーム」と称して破格の値段で販売したり、フィッティングや加工の練習用フレームにおろしてしまったりして対処するお店も多いのではないでしょうか。

お客様の立場からすると、(都度クリーニングされていたとしても)だれの顔に触れたのかわからないフレームを掛けたくない、という気持ちもわかります。

ですが、上記のような、店の事情により、通常は現品販売となりますことをご承知おきください。


関連記事
  1. 2018/06/16(土) 23:58:56|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optkibebe.blog.fc2.com/tb.php/3382-036f7332
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)