FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

深視力検査

深視力検査に合格できなくて困っているかたが当店にご来店された結果、新しくメガネをおつくりいただく確率は100%ではありません。

まず、眼疾患による視力低下や、大きな斜視角(特に内斜視)を有する両眼視機能異常などにより、当店の測定技術ではメガネによる対応が困難なため、ご注文をお受けできないというケース。

もう一つが、現在お使いのメガネ、もしくは裸眼で、何とかなるのではないですか、というケース。

現在のメガネ、もしくは裸眼で深視力検査を受けたものの精度が悪くて当店に来られたのに、今のままでよいというのはどういうことかというと、

・深視力計の見かた(立体感のとらえかた)を理解できた
・両眼視機能トレーニングにより、精度が向上した

のどちらかに当てはまったからです。

今週も何人かご相談に見えましたが、とりあえず今のメガネで再度チャレンジしていただくことになりました。
ひとりのかたは、来店当初はどうにもならなかったものの、1週間ほどのトレーニングで合格できたとご挨拶にお見えになりました。

では、その「見かた」とは?「トレーニング」とは?という話になりますが、それについては、ここでの説明は致しません。
別に大したことではありませんし、過去にセミナーでご紹介もしてはおりますが、メシの種をわざわざブログでバラまくのは気が進みませんので。

なお、すべてのかたが、トレーニングで対処できるわけではありません。
度数を変えたほうがよければ・新しくメガネを作ったほうがよければ、まずそのようにした上で、トレーニングを行なうこともあります。
その点は誤解なきようお願いいたします。


関連記事
  1. 2018/01/20(土) 23:58:19|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optkibebe.blog.fc2.com/tb.php/3266-14639535
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)