FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

あと3日

いよいよです。

112lk.jpg

公式プログラムが届き、

ixy_20171223_001.jpg

スポーツ報知の特集号が発売され、

ixy_20171227_003.jpg

チームエントリーも発表され、

111.jpg

もうすぐ、二年ぶりのお正月がやってきます。


学員時報記載の藤原監督コメント。

ixy_20171213_019.jpg

さすが、冷静です。

スポーツ報知では、

ixy_20171227_002_20171230215613ac6.jpg

何とか、往路一桁でまとめられれば、というか、往路でコケたらおしまいでしょう。
目標の8位目指して、タスキをつないでほしいです。


「赤い男」の往路観戦場所ですが、中大の応援団展開場所がここになってしまいました。

キャプチャ2

ixy_20171229_001.jpg

奥まったところでの応援になるので、応援団を見ながら観戦というのは実質不可能です。
まぁ、これについては、何年も前から諦めがついているのでよいとして、あまり応援団から離れたところに陣取るのも寂しいですし、なるべく近いところを考えています。
今回は、藤原監督の力走で往路優勝を成し遂げた時以来の、反対車線に陣取る腹積もりもあります。

ixy_20141211_37.jpg

反対車線のため、警察の不手際によっては、目の前に車が止まってしまうリスクがあるのですが、ここしばらくゴール直前はいい感じなので、大丈夫かなと。
反対車線のほうが、選手を長い距離見ていられるのと、陣取り合戦が走行車線側ほど激しくないというのもメリットです。
当日の現地の様子で決めます。


復路は、いつものように函嶺洞門バイパス付近を予定しています。
毎年テレビに映る「赤い男」(今年は「白い男」でした)を探してくれている友人のためにも、映りやすいところでとは思っているのですが、最も観戦しやすくて映りやすいポイントは、

ixy_20171229_007.jpg

競争率が激しいです。

映るだけなら、このポイントの少し湯本駅寄りでもよいのですが、

ixy_20171229_005.jpg

選手から見て左カーブなので、観戦には向きません。
選手が一瞬しか見られないのです。

そうすると、結局、この辺かなぁと。

ixy_20171229_004.jpg

これも、当日の様子で決めます。


さて、二年ぶりの「赤い男」。
今回は、中に着るダウンを新調しました。
ウルトラライトダウン。

ixy_20171229_002.jpg

往路の場所取り道具&撮影環境確保の安全策として、踏み台を携行し、

ixy_20171229_003.jpg

往路で選手到着をボケーっと待っている間に読もうかと、

ixy_20171228_001.jpg

あまり中大への愛情が感じられない(ように感じる)著者が、さすがにネタになると思ったか、中大を取り上げた新刊本を手配しました。


シード確保に向けて、捲土重来、

頑張れ、そして、頼むぞ中大!!

ixy_20170330_08_201710140053341f6.jpg


顛末は、1月4日のブログにて(予定)。








関連記事
  1. 2017/12/30(土) 23:50:55|
  2. 箱根駅伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optkibebe.blog.fc2.com/tb.php/3243-4b2a6870
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)