FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

できることとできないこと

「一々掛け替えるのが面倒なので遠近両用にしたい」
よくある話です。

「運転とパソコンをするのに、一々掛け替えなくて済むように、遠近両用にしたい」
よくある話です。

ここで問題になるのがパソコン作業。
使うパソコンがデスクトップだと、この希望を叶えるのが難しくなってきます。

以前にネタにしていますが、デスクトップパソコンのモニターの高さがほぼ真正面(目の高さと同じ位置に画面の中心が来るようなイメージ)の場合、視線はこうなります。

enken.jpg

一方、車を運転するときに、背中を丸めて上目遣いのようになったり、ふんぞり返って顎を上げるような姿勢を取る癖がない限り、視線は、こんな感じになると思います。

enken.jpg

デスクトップパソコンのモニターを見るのとほぼ同じです。

視線が同じということは、遠近両用レンズにしたとしても、パソコン作業と運転時ともに同じ度数のところで見ることになります。
運転用の度数を遠見完全矯正値に合わせていて、正面視時にその度数のところを視線が通るのなら、パソコンモニターは遠見完全矯正値で見ることになりますから、普通に考えて、見にくいはずです。
冒頭に示した通り、遠見完全矯正値ではモニターか見えないから、遠近両用にしたいわけですから。

つまりこの場合、遠近両用ではお客様の主訴の改善は難しいということになります。

そうお伝えすると、
「そんなはずはない。同い年の同僚は、一つのメガネで運転もデスクトップパソコンも使っている。遠くも近くもどっちも見える、と言っている」
といった返答が返ってくることもあります。

その場合、同僚のかたのメガネは、

①遠見度数を、パソコン作業ができるレベルの低矯正にしている。当然モニター以遠の矯正視力は落ちるが、本人の不自由がなければ、遠くも近くも見える、という感想になる。

②片眼の度数を遠見に、他眼の度数を近見に、いわゆる「モノビジョン」にしている。遠くを見るときと近くを見るときとで、どちらかの眼を使い分けているので両眼単一明視は放棄することになるが、本人の不自由がなければ、遠くも近くも見える、という感想になる。

といった感じになっていると思われます。

それでは自分も同じように、ということで①ににすれば「遠くが見えない。怖くて運転できるかっ」、②にすれば「見えかたがおかしい。左右のバランスが悪い。こんなの掛けられるかっ」となって、どっちもうまくいかないということになりがちです。

「複式の跳ね上げフレームはどうでしょう」と提案すると、「だから、遠近両用にしたいんだ、と言ってるだろ」となってしまいます。

では、どうすればいいのでしょう?

何かを妥協しない限り、対応は難しいです。
そこを、うまくご説明するのが、なかなか難しかったりします。





関連記事
  1. 2017/10/18(水) 23:51:24|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optkibebe.blog.fc2.com/tb.php/3194-2fbacb12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)