FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

ビジョントレーニングに興味のあるかたに

米国オプトメトリストである内藤貴雄先生が監修されている本の中で、具体的なビジョントレーニングテクニックに特化しているものがあります。

DSCF4860.jpg

『小学生のためのビジョントレーニング』 日刊スポーツ新聞社 1,200円

従来の内藤先生の本は、理論と具体的なトレーニングがミックスされたものが多かったのですが、この本は理論はほんの少しで、トレーニングのやり方を写真付きで詳しく解説しています。

私が用意しているプリントの種類にも限りがありますので、バリエーションを増やす意味でも、最近はこの本を積極的にご紹介しています。
視覚認知検査の予約がだいぶ先になってしまっているかたにも、検査日までの間に少しでも取り組み始めていただくことができるので非常にありがたいです。

この本の特筆すべき点は、グロスモーター・アクティビティ、いわゆる粗大運動と呼ばれるものに結構ページを割いているところです。

私が、留学中に見学してきたクリニックでは「全身を動かす大きな筋肉を自由にコントロールできなければ、眼を動かす小さな筋肉をコントロールすることは難しい」という考え方のもとに、視覚システムの発達に影響を及ぼす原始反射残存のケアを踏まえた、粗大運動トレーニングに力を入れていました。

もちろん、粗大運動のトレーニングだけで、視機能が改善するわけではありません。
しかしながら、両眼のチームワークや眼球運動が低下しているお子さんの中には、粗大運動が滑らかにできないケースが少なくないことも事実です。

体のコントロールが苦手だったお子さんが、トレーニングを通じて苦手だった運動ができるようになり、
以後苦手なものにもとりあえず挑戦してみる、という姿勢が見られるようになったという報告もいただいています。

粗大運動はともかくとしても、年齢を問わずチャレンジできるトレーニングテクニックが満載です。
「スポーツビジョン」と言われるようなトレーニングテクニックも、ベースとなる考え方はここで紹介されているものです。

ぜひ、お試しになってみてください。
関連記事
  1. 2008/12/16(火) 21:36:24|
  2. ビジョントレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optkibebe.blog.fc2.com/tb.php/30-66c975d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)