FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

大阪の思い出

私はお風呂で湯船に浸かりながら本を読むのが好きなのですが、ぬるめのお湯に長く浸かるのは好きでないので、それほど長湯ができません。
なので、軽く読めるというか眺めるくらいで済む、旅行雑誌あたりが手頃です。
行った気にもなれますし。

ixy_20131202_01 (1)

私が初めて大阪の地を踏んだのは19歳の時。
大学2年の5月でした。
関西大学の千里山校舎で行なわれる、所属サークルの全日本大会(全日本大学速記競技大会)への参加のためです。

大会前日の土曜日に大阪入りしたわけですが、見るものすべてが新鮮でした。
新大阪の駅ビルの食堂で出された水の不味いこと。

このときの中大選手団はほとんど女性陣が占めており、下っ端の私はご意向に従うままに、この日は神戸異人館めぐりでした。

1506065.jpg

関大近郊のホテルがどこも満室だったこともあり、お宿は河内小阪にある大商大の学生会館。
お風呂は近くの銭湯を利用し、早稲田の選手団と、広間で雑魚寝でした(男女は別ですが)。
そういえば、河内小阪駅前の食堂で出された水も不味かったです。
いまはわかりませんが、当時の大阪では、仕方なかったようですが。

さて、なんでホテルが満室だったかというと、この年は鶴見緑地で「花の万国博覧会」が開かれていたからでありまして、大会当日の夜、運よく江坂のサニーストンホテルに宿泊できた中大一行は、女性陣の意向に抗う術もなく、大会翌日に花博へと足を運びました。

1506064.jpg

帰りは大阪から寝台急行「銀河」です。

ixy_20131205_04.jpg

3泊4日(実質2泊3日)の大阪というか関西遠征でしたが、大学生活の思い出をランク付けした時に、ぶっち切りの第2位に入る、とても楽しく印象に残る時間でした。
「あのとき、ああしてこうして」と、今でも鮮明に覚えています。

まぁ、何事も初めての時の印象というのは強烈なもので、翌年も翌々年も、この時期に大阪遠征があったのですが、その時の記憶は曖昧だったりします。

3年の時は、大会前日に大阪城へ行き、

1506061.jpg

梅田の地下街で、トリッキーな動きをする噴水を見たのと、

ixy_20131205_07.jpg

大会翌日に京都へ行ったのは覚えていますが、全般に印象が薄いです。


4年の時は、大会前日に心斎橋界隈を巡りました。
「モータープール」というのが「流れるプール」ではなく駐車場のことだというのを知ったのは、この時です。

1506062.jpg

2丁目劇場で、コントを見ましたが、だれが出ていたのかは覚えていません。

1506063.jpg

大会翌日は、またまた神戸異人館めぐりののち、須磨浦公園へ寄り、元町の中華街で食事をした気がします。
梅田から須磨浦公園へは、山陽電鉄直通の阪神電車で移動したのですが、甲子園駅で車内から甲子園球場を撮っていたら、通りすがりのおっさんに「いなかもん」と吐き捨てられてムッとしたのを覚えています。

途中、この1年後に私が住むことになる駅を通過しました。
そのときは、よもや、神戸市民になるなんてことは思ってもいなかったですが。


大学卒業後の4年間、大阪まで1時間かからずに行ける場所に住んでいながら、結局そのときはほとんど大阪に行くことはありませんでした。
プライベートでは、梅田に献血に行ったのと、エキスポランドに行ったぐらいの気がします。
近いと、かえって足を運ばないものなのかもしれませんが、もっとあちこち探訪すればよかったなと、「まっぷる」を見るたびに思います。







関連記事
  1. 2015/06/06(土) 23:20:09|
  2. 私が若かったころ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optkibebe.blog.fc2.com/tb.php/2470-9e0c7849
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)