FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

「発達の気になる子のビジョントレーニング」 

北出勝也O.D.監修の新刊です。

ixy_20150518_01.jpg

「発達の気になる子のビジョントレーニング」 ナツメ社

学校の授業や運動などに苦手さを感じているような子供さんが、楽しくトレーニングできるようなメニューを紹介されています。


さて、基本的に、こういった子供さんへのトレーニングというのは、専門家のアドバイスをもらいながら進めていったほうがベターだとは思います。
ですが、その対応ができる施設が極めて少ない現状において(当店も、かれこれ6年近く、環境要因のために新規のかたの受け入れを中止したままですし)、こういった手引書を用いて、独学的に各ご家庭で取り組んでいかざるを得ないというのが、実際のところかと思います。

そうしますと、たとえばネットで本を買ってみたはいいけれど、「中身を見たら自分の子供には難しすぎた」「日々、どういう風に取り組んでいったらよいか、何をどれだけやったらよいかがわからない」といった問題点に直面する可能性は、十分にあると思います。

そもそも発達の程度というのは個人差があって当然で、本に書かれていることすべてが当てはまるわけでもなければ、すべてが指示通りにできるというものでもありません。
ですから、お子さんに応じて、随時アレンジしていくことが必要になります。
でも、それを保護者のかたに、いきなり求めるのは酷でしょう。

本書では、課題が難しい場合に、ハードルを下げて取り組めるようなアイディアであったり、こんなふうにメニューを組んでみてはどうでしょうという一例が示されていたりします。

ただ、それは、あくまでもヒントですので、その通りにやってもうまくいかないこともあるかと思います。
ヒントを参考にしながら、お子さんに合ったやりかたを模索していくことは、大変かと思いますが、やはり保護者のかたの作業になります。

難しいですが、難しく考えすぎず、「どうすれば、この子が上手に取り組めるか」を試行錯誤していくと、お子さんが苦手なことや、得意なことが、より具体的にわかってきますし、こうすればやりやすくなるという「気づき」もあると思います。
それを学校に伝えたり、ご家庭での生活に取り入れてみたりすることが、お子さんへのよりよい支援につながるのではないかと思います。



関連記事
  1. 2015/05/18(月) 20:49:52|
  2. ビジョントレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optkibebe.blog.fc2.com/tb.php/2453-94f62e10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)