FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

給食

ある小学校の支援学級へ、視機能と視覚認知の検査におうかがいしました。
こちらにお邪魔するのは2回目です。

検査は13時からでしたが、準備その他で午前中に教室に入ったので、お昼は給食をいただきました。

IMG_0816.jpg

今日はセレクト給食だそうで、パンが「キナコ揚げパン」か「チョコパン」かの二択でした。
キナコは得意ではないので、チョコパンを頂戴しました。
牛乳は飲めないので、ご勘弁いただきました。

私は子供のころは食が細かったので、いつも給食を残していました。
5年生になったとき、新しい担任の先生が「給食は残さず食べること」などという、とんでもない決まり事をのたもうたため、「これでは、恐怖の給食になってしまう」と規制緩和を嘆願。
パン半分だけは残してもいいという回答を引き出しました。

今も昔も、給食の量自体はほとんど変わっていないと思うのですが、今考えれば、よく残せたなという感じがします。
今の自分にとっては、むしろ、ちょっと物足りないくらいの量に感じますから。


さて、肝心の検査のほうは、今回も二人の児童さんを対象におこないました。
検査をして、親御さんや先生に検査所見をお話しして、となると、一人の児童さんに2時間はかかります。
次から次へと、多くの児童さんをみていくことは、私ひとりでは不可能です。
限られた時間の中で、たくさんのことはできませんが、少しでもお役にたてるよう、
これからも微力ながらお手伝いができればと思います。
関連記事
  1. 2009/06/18(木) 21:40:49|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optkibebe.blog.fc2.com/tb.php/242-26bb6915
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)