FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

ふじわら君

今日は、ふじわら君が店に立ち寄ってくれました。

ふじわら君とは、高3の時に同じクラスになり、以降、大学も同じ学部、サークルもゼミも一緒で、共に学び・遊んだ間柄です。
翼くんと岬くんのようなゴールデンコンビとまではいかなくても、一緒になってバカなことができた腹心の友。

↓卒業式の日に撮った1枚

1501061.jpg

大学卒業後は、夏休みに神戸まで来てくれて一緒に広島に行ったり、逆に私が休暇の時に遊びに行ったりしました。

私が神戸→名古屋→アメリカと転々としている間に、彼は結婚して子供も生まれて、という感じで、年賀状やメールで連絡を取るくらいになってしまい、直接会ったのは20年ぶりくらいかもしれません。

奥さんにも、結婚される前に一度だけお会いしました。
ふじわら君より4学年くらい下のはずですが、3人でカラオケに行ったとき、「長渕と尾崎と浜省を歌うのはオヤジ」と言われて、彼と「どうする、オヤジだってさ」と嘆き合ったのを覚えています。


あいにく、店に来られた時にはお客様がいて、何のお構いもできず、写真を撮る間もなく、短い会話を交わすだけで帰られました。

昔から、どちらかという落ち着きのなかったふじわら君ですが、相変わらずハヤテのように現れて、ハヤテのように去っていった、という感じです。

お土産をたくさん置いていってくれました。

ixy_20150106_02.jpg


高校の時、定期テストなんて全然まじめに取り組まなかった私にとっては、到底信じられない評点平均で中大へ推薦入学した彼は、元来コツコツと物事に取り組むタイプのようで、社会人になってからも働きながら難関資格を取ったりとコツコツぶりを発揮し、精力的に活躍されているご様子。

確か「ダリ」とか「ガウディ」が好きだと言っていた気がしますが、絵を見るのが好きだという側面もあり、最近は自らも絵を描くようになったらしく、著名人の似顔絵などをあしらった年賀状を今年は送ってくれました。

現実的な絵もよいと思いますが、私は彼が昔によく描いていた「意味のよくわからない絵」にこそ、彼の非凡さを感じたものです。

↓帰りの電車の中で揺られながら、ふじわら画伯の放った、渾身の1枚

10859707_342434732614833_1512652407_n.jpg

私のリクエストに応えて、ポーズを変えてもう1枚描いてくれました

10917477_342466382611668_808700193_n.jpg


短い時間でしたが、元気な姿を見られてよかったです。
次は、キムチをツマミに頭皮を掻きながら、ゆっくり話ができればと思います。


ふじわら君へ
今日は、忙しい中、どうもありがとう。
もらっておいて言うのもアレだけど、僕は「ガリガリ君リッチ」は食べないから、今度はガリガリ君だけでいいよ。
また会おう。



関連記事
  1. 2015/01/06(火) 23:48:04|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optkibebe.blog.fc2.com/tb.php/2335-86406fc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)