FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

眼科へ紹介するということ

遠くが見えにくい、本が読みにくい、その他諸々の理由でメガネを作りたいという場合、

・眼科へ行って処方箋を書いてもらう
・メガネ店へ行って、度数を測ってもらう

という2パターンに大別されます。


裸眼視力、もしくは現状の矯正視力がよくない場合、その原因は

・屈折異常の未矯正もしくは変化によるもの
・眼疾患に伴うもの
・上記2つのコンビネーション

といったことが考えられると思います。

眼科へ行けば、眼疾患の有無のチェックは行われますが、メガネ店ではそれはありません、というかできません。
そこは大きな違いです。

度数を測ってもらうために、眼科へ行くのが良いのか、メガネ店へ行くのがよいのか、といった議論はここでは避けますが、眼疾患の有無が気になるのなら、まず眼科へ行って診察を受けてください。


で、眼科へ行かずに、直接メガネ店に来られた場合の話です。

とにもかくにも、度数を測るわけですが、測定していく過程で「ちょっとおかしいぞ」と思うことが往々にしてあるわけです。

度数を変化させても矯正視力の向上が得られない、得られにくい場合、というのが代表例でしょう。
付随して、視標が上下に微妙にダブって見えるとか、歪んで見える、などといったお答えをされることもあります。

そういうときには、オートレフの信頼係数とか、レチノスコピーでの光の入り具合とか、ピンホールで視力が向上するかとか、アムズラーグリッド(↓これね)の見えかたはどうかとか、

IMG_0193aa.jpg

その他、いろいろなことを確認するわけです。

血糖値はどうですか、血圧は高くないですか、そのような込み入ったご質問をすることもあるでしょう。

結論として、「眼科で診察を受けたらどうですか」「一度、眼科へ行ってみてくださいませんか」というセリフを言うのですが、すでに受診済みの場合は別として、お客様の反応は

・素直に従う
・メガネ作製を希望する

のどちらかになります。


問題は後者です。

たとえば、メガネを壊してしまって、とにかく早く新しいものがないと困る、というような事情があればまだしも、「眼科へ行ったところで、見えるようになるわけじゃないでしょ。今より少しでもマシになれば、それでいいよ」などとおっしゃられることもあるわけです。

確かに、眼疾患がからんでいる場合、眼科へ行ったところで、矯正視力が向上することはないかもしれません。
ただ、大切なのは、なぜ視力の向上が得られないのか、その原因を明確にすることなのです。
治療の必要があれば、治療をすることで、疾患の進行を抑えることができる可能性もあります。


私たちメガネ店の立場としては、眼疾患を発見することは義務ではないですが、眼疾患があるかもしれないという手がかりをつかんでおきながら、そのままやり過ごすということは避けたいのです。

「これこれこういう理由で、矯正視力が出にくいのですよ」ということが、わかっていれば、メガネ店としてもある意味安心して対応ができます。


メガネ店で、眼科の受診を打診されたら、メガネはそのまま作ろうが作るまいが、受診はされておくのがいいと思いますよ。




関連記事
  1. 2014/04/19(土) 22:59:43|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optkibebe.blog.fc2.com/tb.php/2072-63d8362f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)