FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

プリズムを付加しないという選択

※関係者向けネタ※

なお、今日の話は、ハーゼ理論にもとづくポラテストを可能な限り忠実に実践している場合は別とします。


両眼視を考慮したメガネ作り、という話になると、必ずついて回るのが「プリズム」です。
両眼視といえばプリズム、そんなふうに思われているかたもおられるかと。

07039.jpg


そうすると、自店で処方した度数の何%にプリズムを入れている、といったプリズム処方の頻度とか、何プリズムの処方をしたことがある、といったプリズム量の大きさ、などといった部分に注目されてしまいがちになるような気がします。

「こんだけプリズム処方やってる俺って、すごいじゃん」みたいなね。

で、そういう風潮が広まりすぎると、プリズム処方初心者の検者にとっては、とにかくプリズム処方をしなきゃっていう意識が働いてしまうんじゃないかなと。

たとえば「近見の融像除去眼位が12プリズムの外斜位になった。さて何プリズムの処方をしようか」、そう短絡的に考えてしまうこともあり得るのではないかと。


これは、検者がどのような考えかたを持っているかによっても変わってくるので、私の考えが絶対に正しいとは思っていませんけれども、個人的には、大事なのはプリズム処方の頻度とか量ではなくて、「この人にプリズムが必要なのかどうか」を判断する力だと考えています。

「はじめからプリズムありき」ではなく、きちんとした屈折異常の測定をした上で、それに基づく視機能の分析ができるかどうかということ。

分析といっても、別に、グラフ書いたり計算したりといった体系的なものを言っているわけではなく、ユーザーの主訴や得られたデータから、総合的にどのような判断をするかということです。


今はユーザーがネットでさまざまな情報を入手できます。

何か思い当たる節があって「自分にはプリズムが必要だ」と思っているユーザーが、プリズム処方希望で来店されたとして、一通りの検査をした結果、適切な度数の選択だけで不具合が解決できるのではと判断すれば、私はプリズムはおすすめしません。
でもユーザーはプリズムを入れてみたいわけです。
プリズムを勧めないのであれば、それを翻意させるだけの理論武装も必要になってきます。


当ブログでは、何度となくプリズムに関する話をしてきましたので、「プリズム処方の重要性」を説いているように感じられたかたも多くいらっしゃるような気がします。

確かに重要だとは思いますが、私はプリズム第一主義ではありませんので、ときとして、「プリズムを入れない」という選択があってもよいと考えています。







関連記事
  1. 2014/04/16(水) 23:55:56|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optkibebe.blog.fc2.com/tb.php/2069-c70ad308
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)