FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

基礎両眼視学

眼鏡学校講義シリーズ、本日は「基礎両眼視学」です。

4年制コースでは3年の後期に、専攻生は1年目の後期に履修します。

キクチ眼鏡専門学校の特徴は、視科学系の科目が充実していることであると何度か述べてきましたが、この講義は両眼視理論を体系的に学ぶために、核となるものです。
「アメリカで勉強してみたいな」という気持ちが芽生えたのは、この講義の影響でした。

テキストは、関真司O.D.著の「基礎両眼視」。
今は増補改訂版が出ていますが、これは初版です。

ixy_20140409_03.jpg

後年、アメリカへ行った際にも、この本は日本語で復習をするのに大いに役立ちました。


講義は関O.D.の担当でして、この本を要約したOHPスライドを使いながら進んでいきました。
私はとにかく必死になってそのスライドを書き写し、あとで本を見ながらまとめ直したものです。

ixy_20140409_06.jpg
ixy_20140409_07.jpg
ixy_20140409_08.jpg


試験問題は選択問題がメイン。

1404091.jpg
1404094.jpg
1404095.jpg

ペナルティ付きの正誤判定問題や、

1404098.jpg
1404096.jpg
1404097.jpg

記述式のボーナス問題もありました。

1404092.jpg
1404093.jpg


眼鏡店の従業員として両眼視を語る上で、欠かすことのできない知識を得られた講義でした。




関連記事
  1. 2014/04/09(水) 23:15:57|
  2. 眼鏡専門学校のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optkibebe.blog.fc2.com/tb.php/2062-a33580bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)