FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

15年前

特に意識はしていませんでしたが、ふと気が付けば、15年前(1997年)の3月10日は、ダイエーを退職した日でございました。

といっても、有給消化の関係で1か月前に出勤は終えていたので、当時は特に感慨もなかったのですが、この日までは何か問題を起こせば「会社員」と紹介され、翌日からは「無職」と紹介される、そんな節目の日であったわけです。
4月から眼鏡学校へ入るための退職だったこともあり、名古屋での住居も決まり、ぼちぼちと引っ越しの準備を始めた、そんなときでした。

ダイエーで働いたのは3年11か月。
当時、勤続4年になれば退職金がもらえる資格を得られたのですが、私の場合はギリギリアウト。
会社にしてみれば、無駄金を払わなくて済む、絶妙のタイミングだったのです。


ダイエーで最初に配属されたのは「手芸・園芸・自転車」の売り場で、私は自転車担当でした。
その後、「文具・玩具」売り場の副責任者となり、7か月後に震災に遭います。

半壊したハーバーランドの店舗が新業態でオープンする際に召集され、最初で最後の転勤。

スノーボード・ボディボード・サーフボード・ダイビング・水着・時計・カジュアルウェアを扱うフロアの副責任者として着任します。

1日中、広い売り場を動き回っていたので、特定の商品群の担当というわけではありませんでしたが、お客様が「この従業員は何に詳しいのか」がわかりやすいように配慮すべしという支配人の鶴の一声で、各自が名札に「○○アドバイザー」とつけることになりました。
それぞれの担当する売り場の名前をつければよいわけです。

私は「水着アドバイザー」にでもしておこうかなどとも思ったものの、スノーボードの売り場に出入りすることが多かったので、

name2.jpg

「スノーボードアドバイザー」にしておきました。

でもね、それまで一度もスノーボードをやったことがありませんでした。
まだ、スノーボード全面滑走可のゲレンデのほうが少ない時代でしたし。
だから、スノーボードの技術的なことは全くわからないわけです。
その辺は、うまく立ち回りましたけど。

退職の際、餞別に「K2」のボードをいただきましたが、結局一度も使う機会がないまま15年経ちました。
友達に貸してあげたことがあったので、ボード自体は稼働した履歴があるのですがね。


当時、15年後のことなんて、考えたことはなかったように思います。
「来月から二十歳前後の連中と一緒に勉強するのか」「兄さん、とか呼ばれるのかな」なんていった目先のことばかり気にしていました。

あれから15年、セーラームーンRやSに夢中になっていた女の子、スーパードンキーコング(スーパーファミコンソフトね)が売り切れてしまって泣いていた男の子が二十歳を過ぎました。

今から15年後、私は56、息子は高校生です。
どんな時代になっているのか、予測が全くつきませんが、みんなが元気で生活できていることを願っています。

関連記事
  1. 2012/03/10(土) 22:52:35|
  2. 記念日・○○の日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optkibebe.blog.fc2.com/tb.php/1314-d341a51b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)