FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

Amsler glid

これ、アムスラーグリッドとかアムスラーチャートとかアムスラー表とか呼ばれているもの。

IMG_0192aa.jpg

片眼を閉じて、これを手に持ち、視線はマスの中央の白い点に合わせます。
腕を伸ばした状態から、少しずつ腕をたたんで眼に近づけていきますと。。。

IMG_0193aa.jpg

右眼で見ているときは右端の赤い楕円が消えて見え、

IMG_0193ac.jpg

左眼で見ているときは左端の赤い楕円が消えて見えます。

IMG_0193ab.jpg

最初に楕円が見えなくなった位置が、検査距離になります。
(見えなくなるのは、楕円がマリオット盲点の位置に入ったからで、異常ではありません)

その状態で、白いマス目の一部が欠けて見えたり歪んで見えたりしないかをセルフチェックするのです。
(視線はあくまでも、中央の白点に合わせます)

もし、上記のような見えかたをしたときには、網膜の中でも最も視力が鋭敏な黄斑部に何らかのトラブルがある可能性が高いので、眼科受診をおすすめするという算段。

矯正視力が芳しくない場合に、黄斑部に異常がないかどうかを探るためのツールとしても利用できます。

もちろん、正常な見えかたをしているからといって、黄斑部に何もトラブルが起きていないと断言することはできませんので、このチェックを以って「異常なし」とは言えません。
その点は注意が必要です。



関連記事
  1. 2012/02/21(火) 20:57:35|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optkibebe.blog.fc2.com/tb.php/1296-f0f398a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)