FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

ご予約優先制の導入

昨今の社会情勢を鑑み、お待たせしてしまうことによる店内での「密」を可能な限り避けるため、これまで封印しておりました「ご予約優先制」を7月より開始いたします。

メガネおよび補聴器のご購入を希望されるかたは、ご来店前にご連絡をいただけますとありがたいです。

なお、「完全予約制」ではないので、下記の点をご承知おきください。

・お約束時間ぴったりに応対を開始することを保証はできません。

・時計や宝飾コーナーのお客様、メガネや補聴器の関連品をご購入のお客様、出来上がりを受け取りに来られるお客様、修理・調整に来られるお客様、など、他のお客様の出入りがございます。

・状況に応じて応対を中座させていただくことがございます。

・ご連絡なしでご来店いただいた場合、他のお客様とのお約束時間が近い時には、そちらを優先させていただきます。

・お約束の時間に遅れる場合はご連絡をお願いします。他のお客様のご予約が詰まっている場合は、日時を改めてのご来店をお願いすることがございます。


当店は、以前にはご予約を承っていたことがありました。
しかし、ご予約時間びったりに応対を開始できずにお叱りを受けたり、「予約のかたがいるので」と応対をお断りしたお客様からお叱りを受けたりすることで精神的なダメージが大きく、私の心の健康を考慮して予約制は中止しておりました。

当店に来られるすべてのお客様に7月1日から周知徹底はできません。

・お約束時間の5分前に、炎天下の中、カートを押してやっとのことで来店されたご予約外のご高齢のかたを、お断りできるのか?
→お断りするしかないわけですが。

・お約束時間の1時間前に予約外のかたが見えられ、応対を開始したものの、1時間で終わらなかったらどうするのか?
→予約の2時間前から、他のお客様の応対はお断りすべきなのか?

・お約束時間から20分が過ぎても来店されず、予約外のかたがお見えになられた。ご予約時にうかがっていた携帯に電話しても繋がらない。いつまで待てばよいのか?
→15分以上の遅刻はキャンセルとみなせばよいのかもしれないが、当方も予約時間通りに始められる保証はないわけで、こちらの都合のみを押し付けるのは一方的すぎないか?

その他、恐らく今回も色々なトラブルがあるかと思います。

なお、出来上がりのお渡しや、修理・調整のご依頼については、基本的にはご予約なしでも承ることにしています。
私と妻の両名が店にいれば、何とか回せると思います。
逆に言えば、どちらか一方しか店にいないときは、予約は承れないということです。

地元のお客様からしてみれば、自分の都合の良い時間に来られなくなりますので、足を遠ざけられてしまうリスクはあります。
何かしらを妥協というか犠牲にしないといけないないでしょうし、トライ&エラーの繰り返しになると思いますが、とにかくやってみます。

結果的にやっぱりうまくいかなかったり、私が心を病むことがあったら、予約制は再度中止にいたします。

ご迷惑をお掛けしてしまうこともあるかと思いますが、よろしくお願い申し上げます。








  1. 2020/06/28(日) 22:24:49|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

父の日 2020

母の日のプレゼントはカーネーション。
父の日のプレゼントはウナギです。

IMG_2352.jpg

毎年同じですし、ブログの内容も毎年同じです。

毎年同じことができることに、ただただ感謝しかありません。

来年も同じことができるよう、元気でいてくれることを願っています。


  1. 2020/06/21(日) 23:23:36|
  2. 記念日・○○の日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「白い男」 いまだデビューできず

本来なら本日は全日本大学駅伝の関東地区選考会の日でした。
今年は期待できそうでしたし、去年同様、相模原のギオンスタジアムが会場でしたので、観戦に行く気満々だったのですが。

当然ながら、開催は中止となりまして、代替の選考法を模索中とのことですが、大会自体の開催も、どうなるかわかりません。

全日本がこの調子な訳ですから、来年の箱根もどうなるかわかりません。
今年の大会でシードを獲得した大学のみの出場で(中大はアウト)、沿道における声援は極力自粛、そんな感じになるかもしれません。

選手の皆さんは、モチベーションの維持が大変ではないかとお察しします。


さて、私、1月に「赤い男」としての活動を休止、今後は「白い男」として中大の応援を続けるという決意表明をし、春秋用・夏用・本戦用と白いジャージ類も一通り揃えました。

と、そこまではよかったのですが、あとの社会情勢は周知のとおり。

当初の予定であれば、毎年恒例の予選会通過祈願行脚に向けて、4~5月にはウォーキングを始めていました。
(今年の通過祈願行脚は、「白い男」のお披露目として、箱根駅伝5区へ改めてご挨拶に行くつもりでした。)

が、結局未だに始動できず、夏用の白いシャツと短パンを身につけることすらできておりません。
今後の木曜の予定を考えると、今年の通過祈願行脚の挙行は、ほぼ無理な状況です。
(今年は考えることがいろいろあって、歩こうというモチベーションが湧いてこないのも事実です。)

来年の正月、「白い男」は果たして何処に?

頑張れ、中大!!
  1. 2020/06/20(土) 20:54:24|
  2. 箱根駅伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

数学

幼稚園の頃、私が将来なりたい職業は医師でした。
その後、数年もせずに身の程を知ることになるわけですが、医師になりたかったくせに数学は苦手です。

中学生のころ、通知表の所見欄に「数学的センスがある」と、2年間続けて書かれました。
中学校の定期テストで、唯一100点を取ったのは理科でした。
でも、理系科目は苦手です。

高校入学の時点で、私は私大文系(商・経営系統)に狙いを定めていたので、理系科目からは足を洗いました。
足を洗ったといっても高校の授業はあるわけです。

数Ⅰや代数・幾何の授業はやたらと難しく、定期テストはクラス平均点が20~30点台とかのレベルで拷問でした。
人生で初めて0点を取ったのは代数・幾何の小テスト。
文字通り、手も足も出ず、50分間ボーッと椅子に座っていました。

2年のときの理科は物理と化学のどちらか選択制で、文系志望の私は化学を選択したものの、ろくすっぽ勉強せず、定期テストでは計算問題は勉強していないから解けないので、( )内に適切な語句を埋めよ、みたいな暗記さえしておけば答えられる問いにだけ答えて40点(クラス平均点同等)を取ったら、先生にすごく怒られました。

2年の時は、「代数・幾何」「基礎解析」「化学」と理系科目が盛りだくさんでとても辛かったですし、通知表の所見欄には担任から「今は科目にとらわれずに勉強する必要があると思われます」と書かれる始末でした。

3年になると、文系・理系でほぼ完全にクラス分けがなされたので、快適な時間割になりました。

ixy_20130307_16.jpg

ⅡBというのは英文読解、ⅡCというのは英作文、現は現代文、古は古文、体は体育、Lはロングホームルームです。
月・金の午後は「自由選択科目」の時間で、履修してもしなくてもどっちでも良かったので、私は履修しませんでした。


そんなわけで、中卒程度の数学レベルの私は、受験必修科目に数学のない経済学部に入りました。

でも、経済学って、基本的に数学使うんですよね。
経済原論や経済政策原理の講義で、微分を用いて説明されても、わけわかりませんでした。
統計学にしろ、会計学にしろ、数学の知識は必要です。

造園会社でアルバイトをしていた時、測量杭の位置決めをする際、職人さんが関数電卓をたたいていました。
「建築関係では三角関数は必須だよなぁ」と思ったのを覚えています。

ダイエー時代、売り場のマネージャーレベルは四則演算ができれば何とかなりました。

眼鏡学校の入学試験は数Ⅰが必修だったので、ダイエーの最終出勤日翌日に実家へ数Ⅰの教科書を取りに戻り、試験日までの10日ほど、真っ青になりつつ勉強しました。

眼鏡学校の講義では、幾何光学・物理光学・眼光学など、数学的知識の必要な科目に翻弄されました。
物理なんて履修すらしたことないので、呪文のようでした。

パシフィック大学では眼鏡学校で学んだレベルの光学知識で何とかなりましたが、もしO.D.コースに進んでいたら化学系の講義で難儀したと思います。

眼鏡店で仕事をするにあたり、数学力はあったほうが良いとは思います。
レンズ光学を学ぶ上では必須ですから。

補聴器関連の勉強においては、音響学で対数が使われます。
やはり数学力はあったほうが理解がしやすいです。


ということで、何が言いたいかというと・・・

「社会に出たら、数学なんて使わねぇよ」と思いながら、数学の授業を聞いている高校生は少なくないと思うのですが、仕事によっては使うこともあるから、油断はしないほうがいいよ、ということ。

数学的知識はなくてもコンピューターが最適解を出してくれれば、仕事そのものには支障はないかもしれないけれど、なぜそうなるのかというところがわかっていないと応用が利かないし、理解も浅くなるとは思います。


息子は今のところ、算数や理科に拒否反応はないので、
「数学は勉強しておいたほうがいいよ。父ちゃん、偉そうなことは言えないけど」
「理系から文系への転換はできても、文系から理系への転換は大変だから、理系に進む前提で勉強したらいいんじゃないの?父ちゃん教えられないけど」
と伝えています。

早稲田が政経学部の入試に数学を必修化するかも、という話を耳にしました。
国立大なら数学は必須ですし、数学はできたほうがいいに越したことはないのは間違いないですね。


  1. 2020/06/07(日) 20:27:44|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0