FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

レンズ仕様カード

特注レンズが納品されてくると、「このレンズは、どんな設計で、どんなコーテイングがされているか」といったことが明記されたカードが付いてくるレンズメーカーさんがあります。

他店さんで作られたメガネを持参され「このメガネと同じものを」と言われたときに、そのカードがあると参考になります。
無論、そのレンズメーカーの取り扱いがなければ、どうにもならないわけですが。

累進レンズの場合は、レンズ設計によっては度数も記載されています。

ixy_20190317_007.jpg

累進レンズの度数(注文度数)をレンズメーターにて正確に測定するのは、少なくとも当店のレンズメーターではほぼ無理です。

眼科処方箋で作ったメガネの度数が処方箋通りかを眼科検査員が確認する際に、このカードがあると便利だと思います。

ただ、この度数表示、致命的な欠点があります。
フリズム処方をした際に、そのプリズム量・基底方向が記載されません。

たとえば、上記の度数が、実際には左右眼に3△ベースアウトが入っていたとします。
そのメガネを使っていて具合がよいので、メガネは持参せずに、このカードのみを持って他店さんに行き、「この度数で作ってください」と言ったとして、この度数(プリズムなし)で作ってもらったとしたら、それは全く別物になります。

もし、プリズム入りのメガネも持参他店さんにしていて、その度数を他店がレンズメーターで実測したのであれば、プリズムが入っているのに気が付かない店側にも落ち度はあると思います。
(ただし、弱度のプリズムであれば、判断が難しいことはあります。)

あえて言うなら、プリズム入りのメガネを作った店は「差別化」に成功したということになるのかもしれません。
それはプリズムを記載しないことによるメリットになるのかもしれません。

しかし、プリズム入りの処方箋を書いたのに、このカードにプリズムが記載されていなかったら、眼科検査員は不審に思う可能性はあります。
これはデメリットでしょう。


他店には自店で作ったメガネのデータを渡したくないというのなら、このカードそのものをお客様に渡さなければ済む話です。
当店は、当店で測定したデータを、メガネの注文に至らなかったかたにお渡しすることはしていません。
ですが、お作りしたメガネの度数は聞かれればお答えしています。
なので、このカードも基本的にはお渡ししています。

ところが、今までは、プリズムが記載されていない状態でお渡ししていました。
度数よりも、注文いただいた通りのレンズを納品しましたよ、という証明として使っていたからです。
お客様は、注文した通りのレンズかどうかは、レンズを見てもわかりませんから。

でも、それでは、このレンズの仕様を正しく表記したことにはならないと思い、最近は手書きで加えるようにしています。

ixy_20190317_006.jpg

手書きですから信頼度はありませんし、レンズが納品されてきた袋にはプリズムの記載はありますから、それを渡せば済むわけで、何も大騒ぎすることではないのですけどね。

レンズメーカーさんには、「私はこのように思います」ということを伝えましたが、「そのようなご意見は初めてです」と言われました。

今後、プリズムが記載されるようになるのか否か。
ならないような気はしますが。




  1. 2019/03/27(水) 23:50:37|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0