FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

合っていない?

今使っているフレームに飽きてきたので、新しくメガネを作りたい。
今のメガネは見えにくくなってきているので、せっかくだから度数も測ってほしい。

といった主訴で検査をしたとします。

現在使用眼鏡が

右 S-2.00
左 S-2.00

そのメガネでの矯正視力が

右 0.15
左 0.6

だったとします。


5mでの完全矯正度数は下記の通りでした。

S-3.50 C-1.00 AX180
S-2 75

矯正視力は左右とも1.2になりました。


眼位については今回は考えないものとして、どういう度数で調製すればいいのでしょうか?
私見としては、答えは一つではないと思います。
確実に言えることは、装用テストが非常に大事ということです。


試しに完全矯正値を掛けてもらうと、「よく見えるけれど、足元が怖い気がする」と言われたので、アレンジをすることにします。

パターン①
短絡的に右眼の乱視を抜いて、その分近視を増やして(球面調整と言います)バランスを取りました。
念のため、近視を左右とも一段弱くしてみました。

右 S-3.75
左 S-2.50

両眼開放下での矯正視力は1.0でした。
しばらく装用テストをした結果、これなら掛けられるということで、この度数で調製・納品しました。

2日後電話がかかってきました。
「掛けていると頭が痛くなる。度が合っていないのではないか?」
とのお申し出です。


パターン②

度数を変える際は、前のメガネの度数との変化を±050(二段階)以内にしておくのが無難、多くても±075(三段階)以内に抑えるべき、といった考え方があったりします。

それを忠実に守るため、

右 S-2.50
左 S-2.50

としてみました。
両眼開放下での矯正視力は1.0です。
右眼の矯正視力は0.3にしかなりませんが、左眼で見えているので問題ないとのことで、調製・納品しました。

2日後、電話がかかってきました。
「掛けていると気持ちが悪い。左眼は良く見えるのに右眼が全然見えない。度数が合っていないのではないか?」
というお申し出です。



どちらも極端な例ですが、何が言いたいかというと、このように、前眼鏡との度数差および矯正視力の左右差が大きい場合、装用テストと説明をよほどうまくやらないと、どんな度数でやっても不満が出るリスクが高いということです。
しかも「度が合っていない」という評価をされかねないということです。

上記のパターン①に関しては、理論的には「度が合っていない」とは言えないと思います。
「度が合っていない」というよりも「慣れることができない」というのが適切だと思いますが、掛けられなければ「合っていない」と言われてしまうのは仕方ないところかもしれません。

むしろパターン②のほうが、左右のバランスという観点から「度が合っていない」とはいえるかと思いますが、旧眼鏡が左右同度数だということを踏まえ、且つ変化の幅を少なく抑えたという点では、無下に非難されるものでもないかもしれません。

パターン①でうまくいく人も、パターン②てうまくいく人もいると思います。
もちろん、他のパターンでうまくいく人もいます。

今のフレームに飽きてきたというのがメインの主訴だということを踏まえて「今のメガネと度を変えてしまうと、洋服に合わせて掛け替えたりするのがしにくくなりますよ」とかなんとかうまいこと言って、前の度数と同じで納品するというのも、アリだと思います。

10人の眼鏡士がいたら、10人とも違う度数を候補にするかもしれない、そんなシチュエーションです。

どんなパターンでやっても、装用テストで納得いただしいて決めたとしても、結果として掛けられなければ「度が合っていない」と切り捨てられてしまうし、セオリーから外れていても、掛けられれば「度が合っている」と評価されるという、難しい例でもあります。






  1. 2019/01/11(金) 23:55:56|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7