FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

複式跳ね上げのバネ交換

当店では複式の跳ね上げフレームは、販売実績がほとんどないのですが、数年前にお求めいただいたお客様のフレームのバネがへたってきたようで、跳ね上げても下がってきてしまうとのことで、バネの交換を承りました。

01d909a7934de2eaaec560edd204e346b8532866d3.jpg

単式跳ね上げフレームのバネ交換は何度もやっていますが、複式は初めてです。

単式に使われているバネやコマよりも、太くて大きいので、

0182b139fc13a5c20638c11cd61735dd61467b0787.jpg

やりやすそうな気はしたのですが、やってみないとわかりません。

バラしてみたのですが、バネは折れていませんでした。
(単式フレームの跳ね上げが緩い場合だと、ほぼ例外なくバネが折れています。)

確かに、太いバネなのでも折れにくいのだとは思います。

代わりに、コマが斜めに擦り減っていました。

01655be9f017d9d9c0917a7390c16696c2245a408e.jpg

新品は、このように平らです。

01c32b7c045c33113c4fd29ac83a42d7fedecab867.jpg

フレームの、コマが当たる部分も、わずかに減っている印象です。

01137c96d1e7ef869348869c806b95603f05d723e7.jpg

無事、交換完了しました。

012253a7fff8468e5a86802405b07d66a60b86f185.jpg

フレーム部分の摩耗の影響か、新品のような硬さはないですが、十分ご使用に耐えられるかと。

交換作業中にバネをふっ飛ばして慌てることがなかったのは何よりでした。






  1. 2018/11/27(火) 23:50:34|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飲まない人の立場から

以前にも書きましたが、私はお酒を飲みません

一口飲んだら卒倒するわけではないので、「飲めない」というより「飲まない」のです。
根本的においしいと思わないし、お酒を飲んで気持ちよくなったことも、楽しくなったこともありません。
むしろ、頭がボーっとしたり、気持ち悪くなったりして、辛いことのほうが多いです。

無論、円滑なコミュニケーションの場を取り持つ手段の一つとしてお酒が役に立つことは理解しています。
正直、私が飲まないことで、相手に悪いなと思うこともあります。

自店で働くようになってから、いわゆる「飲み会」というものから縁遠くなりました。
お酒の席に顔を出すことが全くないわけではないですが、年に1~2回あるかないかですし、最初だけビール一杯とか、最初からウーロン茶とかで許してもらえるので、特段の抵抗感はありません。

そんな私が昔から思っていること。

「とてもシラフではできない・言えない」なんていうケースがあったりしますが、一年中シラフの私に言わせりゃ「何を甘えたこと言ってんだよ。じゃあなにかい、シラフでやってるオイラはおバカさんかい?」てな感じです。

前述のとおり、飲むとボーッとしてくる私にとっては、大事な話を酒の席ですることが信じられません。
もちろん、その人の判断力を維持できる許容量内であれば、問題はないと思うのですが、本当に真に受けていいのかどうか悩むこともなくはないです。

「酒の席での話だから」とか「昨日は何を言ったか覚えていない」とかいうセリフ。
個人的には、めっちゃズルいと思っています。
酔った振りして言いたいことを言って、翌日「いやー参った、どうやって帰ったか全く覚えてないよ」とか白々しく言うこともできなくないわけで。
それが、周りのみんなを楽しくさせるような言動であればいいのですが、そうではないことも多いのではないかと。


楽しくお酒を飲める人がうらやましいなと思ったりしなくもないですけれど、まぁ多分、これから先も、私がお酒を飲むことはほとんどないのでしょうね。

「今度飲み行きましょう」と言われると、なかなか辛いものがあるので、「今度メシ食い行きましょう」と言ってもらえると嬉しいです。




  1. 2018/11/26(月) 23:47:07|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デモレンズ

店頭に陳列されているメガネのフレームには、「デモレンズ」と呼ばれる、度の入っていないレンズのようなものが装着されています。

フチなしフレームやナイロールフレームの場合は、デモレンズがないと玉形自体が把握できませんし、フルリムフレームでもデモレンズがあることでリムの型崩れを最小限できたり、フィッティング時にアイポイントや眼とレンズとの距離の確認がやりやすくなります。

加工の時は、本来のレンズを組み込むためにデモレンズは外すのですが、外したものは、当店では通常は廃棄しています。
(デモレンズで玉型トレースをした場合など、特別な事情があれば保管します。)

ただ、他店で購入された新品フレームへのレンズ交換を依頼され、そのフレームにデモレンズがついていた場合は、

01cab789a1e86ec79531fbbbd45828d00bab4c937f.jpg

納品時にデモレンズもお客様にお渡ししています。
不要と言われれば廃棄しますが。

なぜかというと、以前、仲間の眼鏡店で、デモレンズを廃棄してしまったことによるトラブルがあったと聞いたからです。
要するに、そのお客様はデモレンズも必要だったということです。

デモレンズを廃棄してしまっていても、最悪、度なしのレンズで作ってしまえは済むと思うのですが、デモレンズにによってはブランド名とかなんやらが印刷されているものもあり、それが大事だったのかもしれません。

なので、他店購入枠の場合は、念のため捨てずに保管して置くようにしています。

当店で販売したフレームであっても、メーカー在庫がなくなればデモレンズの手配も不可能になりますから、一応納品するまでは保管しておいたほうが安全なのかもしれませんが・・・


  1. 2018/11/25(日) 23:50:57|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サイン

妻のお友達のご主人に、箱根駅伝を走られた中大OBがおられます。

お仕事の関係で、なかなかタイミングが合わなかったのですが、昨日お目にかかりました。
高梨さんです。
私より一学年下ですので、ほぼ同世代。

1年生のときに10区で区間賞、2年生~4年生までは4区で活躍されました。
4年続けて走れるというのもすごいことです。

襷の重みを知っているからこそわかる、貴重なお話を色々聞かせていただきました。

既に現役は引退されていますが、フルマラソンに参加されたりすることもあるそうで、最近はご家族と一緒にランニングをされているとのこと。

今度ご一緒に、とおっしゃってくださったものの、AEDのお世話になりそうなので、丁重にお断りしました。
ウォーキングでよければ喜んで行くのですが。

記念にサインをいただきました。

014b4405cea91518771743fdd4b19f9ed9b1e6d60e.jpg

またお話をお聞かせいただけたら嬉しいです。





  1. 2018/11/24(土) 23:50:03|
  2. 箱根駅伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幼虫

カブトムシの幼虫を手配しました。

2018112400211202c.jpeg

オス・メス2頭ずつです。

これから冬眠に入るようなので、春までおとなしく管理です。

立派な成虫となるのを楽しみにしています。


  1. 2018/11/23(金) 23:55:59|
  2. 動物・昆虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セミナー

久しぶりに恩師の講義を受けてきました。
「目新しい話はないよ」と恩師に言われていましたが、原点回帰というか、初心に戻って、と思いまして。

20181122190915273.jpeg

大切なのは屈折異常の矯正だというのは、20年前も今も同じです。
基本をおろそかにして、その先はありません。





  1. 2018/11/22(木) 19:21:23|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トマトグラッシーズ キッズ新作入荷

お子様向けフレームの「トマトグラッシーズ キッズ」の新作(TKDC)が入荷しております。

前作(TKCC)よりも、幾らか丸みを帯びた玉型です。

TKDC.jpg

テンプル形状は若干変更があります。
テンプルの柄やカラーはTKACを継承しつつ、新しいものも導入されています。

玉型サイズは38・40・42・44の4サイズ。
カラーは16色です。

当店では4サイズすべてのご試着が可能ですが、カラーについては、とてもすべてをソロエルアリーナることができませんので、前作までの売れ筋を踏まえた精鋭7色をご用意しております。

TKDC2.jpg
TKDC3.jpg
TKDC7.jpg
TKDC8.jpg
TKDC11.jpg
TKDC13.jpg
TKDC18.jpg

他のカラーについては、一部、前作までと同じものもありますので、店頭でご参照いただくこともできます。
どうにもならないカラーついては、お取り寄せにて対応いたします。


  1. 2018/11/20(火) 23:45:33|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

結局、OJT

先週、5日間の補聴器講習に参加したわけですが、そこで感じたのは、「結局、OJT」ということでした。

認定補聴器技能者の養成講座なので、最終的な認定試験に通らなくて技能者になることはできなくても、それに相当する知識の習得ができれば、ということで去年から取り組み始めたわけなのですが。

関連法規であったり、職業倫理であったりということを学ぶことを否定はしないのですが、そこを幾ら突っ込んでいったところで、目の前で困っているお客様の主訴の改善にはなりません。
何で最後の修了テストで、独禁法に関して出題するのか、意図がわかりませんでした。
(設問の一つに含まれていたということで、すべての設問が独禁法がらみだったわけではありません。)
講義で触れたことですから出題されてもおかしくないのですが、次のステップへ上がるために外せないポイントではないでしょう。
落とすのが目的のテストでないのなら、「これこそがツボなんだよ」と、講習の肝の部分がわかる出題であってほしかったなと感じました。

結局のところ、「総論的なことはここでやるから、具体的なことは現場で覚えてね」、ということになってしまうのかなと思います。

無論、これは補聴器業界だけでなく、眼鏡業界も同じです。
講習会に参加したから、眼鏡学校を卒業したからといって、すぐに即戦力として仕事ができるかというと難しいわけで、やはり現場を通して学んだことが生きてくる、というのは間違いないところです。

わかっちゃいるのですが、もうちょっと、こう、あるだろう、という、もどかしい気持ちといいますか、残念な部分がぬぐい切れず。

まぁそれでも、去年と今年の講義で、今まで漠然としていた部分がちょっとつながってきたような気はするので、引き続き勉強していきます。







  1. 2018/11/19(月) 23:50:28|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログをSSL化 (URLが変わりました)

当店のホームページをSSL化したとき、併せて当ブログもSSL化をしようと思ったのですが、設定の仕方に目を通してみると、URLが変わってしまうと書いてありました。

これが
http://optkibebe.blog55.fc2.com/

こうなるということです。
https://optkibebe.blog.fc2.com/

この場合に問題になるのは、どのレベルまでリダイレクトされるのか、ということでした。
リダイレクトというのは、旧URLをクリックしたら、自動的に新URLへ切り替わる、というものです。

それができないと、たとえばブログ右欄の「カテゴリー」とか「最新記事」とか、をクリックしたらリンクエラーになってしまうことになります。
さすがにそれはないだろうと思ったのですが、「ブログ記事の中で、別の当ブログ記事にURLを直接入力してリンクを掛けている個所」については、どうもダメっぽいようなことが書かれています。

サポートセンターに尋ねてみたのですが、よく理解できません。

なので、このままでいいやと思って、ずっと放っておいたのですが、あとあと困ることになるのなら今のうちに、ということで腹をくくってトライしました。
下手をすると9年分の記事が吹っ飛びますので。

とりあえず、箱根駅伝とか原始反射がらみの記事は、ブログ内引用が多いので、そこだけでもリンクを書き換えて、あとはゆっくりリンクを換えていけばいいかな、最悪、全部は書き換えなくてもいいかなと。
3000以上の記事を逐一チェックするのは、さすがに骨が折れますから。

で、やってみた結果、すべてリダイレクトされているみたいで、今のところ特に何もする必要がなさそうです。
これは助かりました。


明日になったら、何かおかしくなっているかもしれませんが、念のため当店HPからのリンクはすべて書き換えておきました。

このブログをブックマークされている奇特なかたで、もしリンクエラーが起きてしまった場合は、

https://optkibebe.blog.fc2.com/

にて、再度登録をお願いいたします。

181118.jpg









  1. 2018/11/18(日) 23:45:46|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

通勤ラッシュ

5日間の都心通いが終わりました。

私は小・中学校は徒歩、高校は自転車、大学は電車とバスでしたが校舎が八王子の山の中で都心とは無縁、ダイエー時代(神戸)は1店舗目は通勤者の流れとは逆方向で、2店舗目は三ノ宮方面には向かうものの山陽電車と神戸高速鉄道なのでそこまで混まず、眼鏡学校は自転車通学、ということで、通勤ラッシュとは無縁でした。

アメリカから帰ってきて、大手町の眼鏡店にて10か月研修をさせてもらったときに、初めて通勤ラッシュを恒常的に体験しました。
朝は7時20分ごろに相武台前を出る電車に乗って、9時ごろ大手町着、夜は21時ごろに大手町を出る感じでした。
通勤だけで疲れてしまい、これを40年近く続けるのは大変だなと思ったものです。

それに比べれば、今の私の通勤時間は、ほとんどないに等しいみたいなものです。


今回の都心通い、6時40分ごろに相武台前を出て、新宿経由で8時過ぎに国際展示場駅に着くパターンだったのですが、乗り換え駅の相模大野や新宿のホームで、右2列と左2列のどちらに並んだらよいのかわからなくてとまどいました。
一番前に行こうとしたら、女性専用車両だったり。
慣れていないと気が付かないルールってありますね。

従姉が済んでいた大井町が、当時と違って、乗換駅として大成長していたことや、天王洲アイルって結構人が降りるのね、と思ったことなど、ラッシュ時間帯に乗らなければ気が付かなかったこともありました。

複々線化の成果なのか、大手町へ通っていた当時よりも、小田急車内の混みかたが幾らかマシになっていた気がしました。
当時より30分早い電車に乗っていたからかもしれませんが。

都心へ通勤されている皆様、毎日のお勤めご苦労様です。





  1. 2018/11/17(土) 23:50:14|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4日目

補聴器の講習会、明日で終わりです。

セミナーものは、空いていれば最前列に座るのですが、今回は受講番号順で、最後列になりました。
パワーポイントの文字が見えにくいです。

遠見視力が低下しているのは、日々の業務を通じて自覚していますが、実害がないので放置していました。

加入度を上げた新しいレンズをそろそろ試そうかと思っていたので、後日対処することにします。

201811150837403eb.jpeg


  1. 2018/11/15(木) 08:43:16|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2日目

認定補聴器技能者第2期養成課程の2日目がもうすぐ始まります。

講義は9時から18時15分まで。
会場はお台場で、遅刻ができないので、近隣に泊まったほうが肉体的にも精神的にも楽なのですが、夜は店に戻って加工やら何やらをしないといけませんので、通勤ラッシュに揉まれて通っています。
まぁ、一般的な社会人の皆さんのライフスタイルを体験しているだけなのですが。

通常、お台場までは新宿経由ですが、昨日は小田急線が人身事故で遅れたため、横浜線利用、東神奈川経由にしました。あまり早すぎてもしんどいので、8時10分~20分くらいに国際展示場駅に着くように狙っています。

あと4日、とにかく乗り切れるよう、頑張ります。

  1. 2018/11/13(火) 08:57:02|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

16日まで店長不在です。

認定補聴器技能者の第2期養成課程に出席のため、店長は明日12日(月)から16日(金)まで不在となります。

受験資格取得のため、最短4年を要する課程の2年目で、5日間の集中講義となります。
養成課程が新しい仕組みに変わってから、早い時期に受験をしたいとは思っていたのですが、受験資格を取得するために、私にとっては幾つか高いハードルがありまして、その一つがこの第2期養成課程でした。

息子が幼く、営業時間のすべてを妻に託すことを、5日間、実質4営業日、続けることが困難だったからです。

ここにきて息子も大きくなってきましたから、何とかなるだろうということと、私の記憶力が衰えてきていることから、これ以上先延ばしにすることは得策ではないと判断いたしました。
最短でも、最終試験の受験時は49歳ですから、今よりもさらに劣化しているわけで。
第1期修了試験の勉強をしているときですら「何で、この程度のことが覚えられないんだろう」と、唖然としたくらいですから。


ということで、不在の間は、私でないとできない業務に関しては、どうにもなりません。

具体的には、

・補聴器の販売・調整
・レンズを生かしてのフレーム交換即日仕上げ
・バネ丁番の修理
・跳ね上げフレーム跳ね上げ部のメンテナンス
・アーレンシンドローム関連のご相談

他にもあるとは思いますが。

レンズ加工については、メーカー在庫レンズであっても、日数に余裕をいただきます。
メールの返信についても、猶予をいただきます。

ご来店時、タイミングが悪いと、お待たせする時間が長くなることもありますので、ご了承ください。

その他、ご迷惑をお掛けすることがあるかもしれませんが、遊びに行くわけではありませんので、何卒ご容赦願います。



  1. 2018/11/11(日) 17:15:39|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インスタグラム その後

やってみようかどうしようか考えていたインスタグラムですが、お店の情報のみを流すために、プライベートとは違うアカウントを作ることに成功したので、とりあえず稼働させてみることにしました。

20181109.jpg


https://www.instagram.com/opt_isshindo/

どこまで使いこなせるかわかりませんが・・・

マメに投稿する自信はありませんが、無理のない範囲で努力したいと思います。





  1. 2018/11/09(金) 23:50:50|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カタログ

眼鏡関連小物・消耗品等のカタログです。

ixy_20181107_001.jpg

小売店向けのもので、年に一回ないし二年に一回送られてきます。

こういう冊子タイプだと、新商品が出たときは追補版(ペラペラの紙)が送られてくることになり、管理がちょっと面倒になったりもしますが、パソコンやタブレットでwebカタログを見るよりも、見やすいし、探しやすかったりします。
(私の場合)

一方、フレームの紙ベースのカタログというのは、最近はほとんど見なくなりました。
中には、送ってくださるところもありますが。

ixy_20181107_002.jpg

お客様から、フレームのカタログはないのですか、と聞かれることがありますが、ネットで見られるようになっているブランドが、今は多いです。

ネットの場合は、現行モデルのみを載せることができるので、ユーザーさんが閲覧するには具合がいいと思います。
保管する場所も取らず、印刷する経費も掛からず、メリットは多いと思います。

ですが、小売店が、昔のモデルを検索しようとしても(たとえば販売記録に品番は記載していても、どんなデザインだったかをおホセえていない場合)、ネットのカタログだと削除されてしまって分からないことが多いです。
もちろん、古いカタログを捨ててしまっていたら、紙ベースのカタログでも同じことですが。


紙・ネット、それぞれ一長一短あると思いますが、フレームの色味は、現物を見ないと正確にはわからないという点ではどちらも一緒かと思います。


  1. 2018/11/07(水) 23:40:50|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メールアドレス

私は自分で利用しているメールアドレスが10個以上あります。

1、メールのやり取り専用
2、店のHPや名刺に記載している、お客様からの問い合わせ向け
3、会員登録、通販などのうち、使用頻度・重要度が高いもの向け
4、会員登録、通販などのうち、重要度の低いもの向け
5、私が管理している会の連絡用
6、グーグルビジネス等、グーグルアカウント用(gmail)
7、ガラケー(@docomo)
8、iPad(@docomo)
9、iCloud
10~、危機管理用

頻繁に使うのは1~3です。

今朝、いきなり3のアドレスでの送受信ができなくなりました。
アウトルックからもiPadからもダメでした。

アメリカに行くことになって初めてメールを始めたときのアドレスなので、愛着があり捨てたくはないのですが、使えないのでは話になりません。
3のアドレスで登録しているものを他のアドレスに変更しようかと思ったものの、それぞれアドレスの目的が明確だったり、使い勝手を考えたりすると、振り分けるのに適切なアドレスがありません。

「そういえば、光回線にしたときにプロバイダーから割り当てられるアドレスがあったな。それを使えばいいか」と、今日になって初めて設定をしたのですが、@以下が長いため、入力が面倒で使いにくいことに気が付きました。

仕方ないので、私が管理している短いドメインで、もう1個アドレスを作ろうかと考え始めたころ、使えなかったアドレスが復旧しました。

原因がわからないのですが、また同じことがあったときに焦らないよう、特に重要度の高いものについては、やはり登録アドレスを変えたほうがいいかなと思い始めました。
どのアドレスを使えばいいか、結局また悩むことになるのですが・・・


  1. 2018/11/06(火) 23:50:45|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またまたハズキの話

大々的なテレビコマーシャルが止まらない「ハズキルーペ」。

このブログでも、何度かネタにしていますが

その①

その②

その③

合う人にしか合わない商品です。

コマーシャルでは相変わらず裸眼で使われているし、とうとう「ブルーライトがカットされている」などと言わせるようになったしで(注・ブルーライトカット性能に疑義を呈しているわけではなく、そこまで敏感に感じ取れる人はとても少ないはずだということです。)、誤解を生まないよう店頭での説明が必須ですし、カラーバリエーションが増えて店在庫はかさむしで、マジメに売ろうとすると結構大変です。

だったら売らなきゃいいのに、と言われそうですが、なんだかんだ言いつつも、店頭にポスター貼ったりして、

ixy_20181031_005aa.jpg

一応売っております。


今日は「ハズキは何時間掛けていても疲れないのか」と尋ねられました。

これだけ宣伝をして販売もされているのだから何らかのエビデンスがあるだろう、と思われる気持ちはわかります。

ですが、ハズキ自体は既成の老眼鏡と同じようなものです。
拡大効果を生むために、ベースインプリズムを組み込んでいる点は異なりますが。

近見で外斜位が大きくて、ベースインプリズムが功を奏するようなタイプのかただと、既成の老眼鏡よりは疲れにくいかもしれません。
無論、ハズキの度数が、その人にとって適切であるというのが大前提なわけで、既成の老眼鏡では役に立たないという人がハズキを掛けても、やはり役には立ちませんし、近見が内斜位系のかたであれば、既成の老眼鏡より具合が悪くなることも考えられます。

ですので、何時間かけても疲れないかと聞かれても、「人によります」としかお答えのしようがありません。

ハズキを老眼鏡代わりに使うとして、真に自分に合うか合わないかを確認しようとしたら、きちんと度数や眼位を調べてもらう必要があると思います。
そこまでするなら、普通に老眼鏡を作ったほうがいいような気もしますけれど・・・


すっかり裸眼で使うことを前提にした商品のようになってしまっていますが、本来は「ルーペ」ですので、老眼鏡でピントを合わせた上から使うのが本流とは思います。
ですが、そのようにご案内しても「見にくい」と言われることはあります。
見ている距離が遠すぎるので、ピントが合わないのです。

そんなこと、コマーシャルだけでは、わかりっこありません。

どんな人にでも合う、どんな距離にでも合う、魔法のルーペではないことは、改めてお伝えしておきます。
詳しくは店頭でお試しくださいませ。









  1. 2018/11/05(月) 23:50:23|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不覚

当店の深視力計の作動スイッチボックスですが、

ixy_20181102_002.jpg

普通は私がスイッチを操作してお客様に練習をしてもらいます。

で、一旦動かすのをやめるときに、何気なく深視力計の上や脇にボックスを置くわけです。
過日、置き場所が悪くて、ボックスを落っことしました。

パソコンのように落っことしたら重篤なダメージが起きるほど、繊細な中身ではないと思うのですが、壊してしまうと大変なので、反射的に足を出して、靴の脇にボックスを当てることで衝撃を和らげようと思ったものの、

↓イメージ

ixy_20181102_003.jpg

狙いが外れて、くるぶしの上に落っこちました。

野球選手が自打球を足に当てて悶絶しているシーンがありますが、あんな感じで思わずしゃがみ込みました。
目の前にお客様がいますので、素知らぬ顔でボックスを拾い、立ち上がろうとしたのですが、痛くて痺れてしまい、すぐに立てません。

しゃがんだまま、話をしたりして何とかごまかしつつ、少し経ったら立てるようになりました。

でも、くるぶしの痛みが引きません。

ixy_20181102_004.jpg

歩くのには支障ないですが、まだ痛いです。

また同じ個所に落っことしたら、どうなるか想像がつかないので、気をつけたいと思います。






  1. 2018/11/04(日) 23:40:23|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中近や近々の見えかた

当店ホームページで、中近・近々といったレンズをご説明する時に、こんなイメージ画像を載せています。

中近のイメージ

cyuukinpic_20181103205610f2f.jpg


近々のイメージ

kinkinpic.jpg

このイメージだと、レンズのどこを通してみても、このような見えかたになるという印象を持たれると思います。
つまり、老眼になる前、単焦点レンズでデスクワークをしていた時の見えかたです。

しかし、中近や近々(もちろん遠近も)は単焦点レンズではありませんので、ちょっと注意が必要です。


たとえば、こんな感じでデスクトップモニターを見るとして、

ixy_20181103_001.jpg

老眼になる前の単焦点レンズであれば、頭・首の角度を変えずにレンズ中央部付近で①の場所を見ても、レンズ下方で②の場所を見ても、同じようにハッキリみえるはずです。

ところが、老眼になり、中近・近々といったレンズを使うようになると・・・

中近や近々は、デスクワークがしやすいように、モニター画面から喪っと近い距離までにピントが合うよう、レンズの上のほうから下のほうにかけて、すこしずつ度数が変化するようになっています。
(遠近累進と同じ考え方です。)

仮に、大き目のモニターを使っており、レンズ中央部付近で①の場所がはっきり見えるような度数設定・レンズレイアウトを行なったとして、①を見ているときと同じ頭・首の角度で視線だけを下げてレンズ下方で②の場所を見ると、ちょっとボヤけるはずなんです。

なぜなら、レンズ下方部はモニターよりも近くの距離が見やすくなるような度数配分になっているからです。

したがって、②の場所をできるかぎりハッキリ見ようとするのなら、頭・首の角度を変えるなりして、極力レンズ中央部付近を通して見る必要があります。

もし、モニターの下部がかなり手前になるような斜め傾斜がついていたり、下図のような湾曲をしていたりすれば、

ixy_20181103_002.jpg

視線だけを下げても見えるかもしれませんが。


何が言いたいかというと、中近・近々では、老眼前の単焦点と同じ視線の使いかたでデスクワークができるわけではなく、見たいものの距離・角度に応じて、視線の使いかたを変える必要があるということです。

メーカーによって、いろいろな設計のものが開発されてはいますが、基本的な使いかたは同じです。

ですから、使用環境によっては、ちょっと使いにくい・妥協しないといけない場面も出てくるということです。

中近・近々の代わりに、二重焦点のほうが具合が良いという可能性もありますが、二重焦点には二重焦点の弱点もあったりして、それぞれ一長一短があります。

そういったところを、お店でよくご相談いただくことが必要です。









  1. 2018/11/03(土) 23:50:52|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年内最後のウォーキング

歩き始めて1kmほどで右股関節が痛くなるようになってしまったため、7月下旬以降ウォーキングは中止していました。

しかし、来たる箱根駅伝の観戦を控え、何kmくらいまでなら痛みなく歩けるかを確認しておくことは、観戦場所および車の駐車場所を決めるにあたり、非常に重要になってきます。

ウォーキングの時間を確保できるのは、昨日が年内最後になりそうでしたので、午前中に4km、それで大丈夫だったら午後から7kmのコースを考えていたのでありますが、午後から妻の買い物に付き合わなければならなくなり、午前に4km、午後に3kmのコースに変更となりました。

歩くときは接骨院の先生に教えていただいた通り、右足(のつま先)がまっすぐ前を向くことをなるべく意識しました。

何気なく立っているとき、私は右足が外を向きます。

ixy_20181102_006.jpg

歩くときもこの角度なので、これが股関節・腰痛の原因ではないかというわけです。


午前の部は問題なく終わり、買い物中は腰に痛みがありましたが、午後の部も股関節の痛みはなかったので、とりあえず7kmまでは大丈夫そうです。
復路の観戦で歩くのは1.8km程度ですし、往路も観戦目的で7km歩く必要はないはずなので(待ち時間にウォーキングをするなら別ですが)、これなら不安はありません。

かといって、これから2か月、全くウォーキングしないのも不安なので、まとまった距離は無理でも、適当に調整はしておきたいと思います。

ということで、箱根駅伝4区を歩くのは来年に持ち越しです。
願わくば「予選会通過祈願行脚」でなく「シード権確保祈願」、できれば「2年連続シード権確保祈願」となることを期待しております。



  1. 2018/11/02(金) 23:40:10|
  2. ウォーキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0