FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

バリウム

初めてバリウムを飲んだのは14年くらい前だと思います。
子どものころから、バリウムは飲みにくいと刷り込まれていて、恐怖におののきながら、検診車に乗り込みました。

紙コップに並々と注がれた、重みのあるバリウム。
飲みにくくて、少し残してしまいました。

次にバリウムを飲んだのは検診施設で、この時のバリウムは粘度が低いというか、意外に飲みやすかったのですが、ゲップを我慢したまま台の上でクルクル回ったり、逆さまにされたりするのが大変でした。

以後、同じ施設でバリウムを飲んでいるので、今は全く抵抗感はありません。
むしろ、検診が終わった後、突然便意を催すことのほうが恐怖です。

撮影直後に服用する軟下剤の影響だとは思うのですが、おとといはあえて飲みませんでした。
散髪に行く予定だったので、散髪中に便意を催しても困りますから。

あいにく、いつものお店が混んでいて、出直すことにしましたので、家にいる間に下剤を飲んで先に出しちゃおうと思ったものの、1時間たっても2時間経っても便意が起きず、おなかだけが痛いという状況。
途中で便意が起きたら、という恐怖を感じつつも散髪を済ませました。

結局、その日の夜と翌朝の2回で排出完了。

やっぱり下剤はさっさと飲んで、さっさと出したほうが、よさそうです。
来年は、そうします。







  1. 2018/09/08(土) 23:54:55|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0