FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

北神奈川大会

昨日、午前中の用事を終え、何Km歩くか考えた末、気温を考慮し、南林間駅からの5kmコースを選択。

目的地は、大和スタジアム。

IMG_3576.jpg

夏の高校野球、北神奈川大会3回戦に母校・麻溝台の応援に来ました。

全国一の激戦区として知られる神奈川ですが、記念大会の今年は南北に分けての予選となります。
それでも、1回戦からだと7回勝たねば甲子園へは行けません。

ちなみに北神奈川は、東海大相模・慶応・横浜商大・桐蔭学園・桐光学園といったあたりが含まれています。
南神奈川より厳しいのではないかと思ったりもしますが。

この球場へ足を運ぶのは初めてです。
「ドカベン」の山田太郎捕手や里中智投手のモニュメントがあります。

EOS_2018_07_19_001.jpg

試合開始予定は13時半。
前の試合がコールドゲームになりそうな気がするのですが、早く終わった場合は開始時間が早まることもあると大会要項に書いてあったので、13時くらいに到着すればいいかなという感じでウォーキングを開始しました。

一番暑い時間帯に歩き始めたのと、サポートタイツが暑いこともあり、首に冷却タオルを巻いてはいたものの、2時間近く観戦できるか不安になってきたので、途中の薬局で「ヒエロン(袋をたたくと急速に冷える)」を買おうと思ったら、メーカー品切れだそうで。
そりゃそうでしょうね。

球場には13時ごろには着いたのですが、どうやら試合中のようです。
既に始まってしまったのだと焦った私はあわててチケットを買い、

EOS_2018_07_19_034.jpg

スタンド入りしましたところ、まだ第1試合の6回表でした。
11対2という一方的な展開なので、このままいくと7回コールドです。
コールドゲームだと試合時間も短いと思ったのですが、攻撃時間が長くなるので、かえって試合時間は伸びるものなのでしょう。

スタンド、かなり暑いので、試合を見るのはやめて、何か食べることにしました。
11時におにぎりを2つ食べたので、それでもたせるつもりだったのですが、試合開始が遅くなるし、暑いし、何か食べておかないとヤバイかなと。

みたらし団子を買いました。

EOS_2018_07_19_003.jpg

「ヒエロン」が買えなかった代わりに、コンビニで冷凍ドリンクを購入したので、これで暑さ対策は何とかなるでしょう。

EOS_2018_07_19_002.jpg

第一試合が終わり、さて、どこで見ようかなと、ウロウロします。

母校は一塁側です。

IMG_3579.jpg

バックネット裏にしようか迷ったのですが、母校の応援団から少し距離をおいた一塁側内野席にしました。

IMG_3583.jpg


ちなみに、一番人気の場所はバックネット裏上段の日陰エリアです。

EOS_2018_07_19_014.jpg

14時半、試合開始。
母校の先攻です。

IMG_3587_20180720211645d98.jpg

IMG_3588_201807202116475f0.jpg

応援も開始。
生徒より、父兄のほうが多い気がしたのは、気のせいでしょうか。

IMG_3590.jpg

当方はエースが先発。
相手の厚木北高は、背番号10の選手が先発です。
次戦を見据えて、エース温存でしょうか。

こっちも相手も、2回戦はコールド勝ちしています。
手ごわい相手ですが、何とか打ち勝ってほしい、と思ったものの、1回表の攻撃があっさり終了。

1回裏、1番打者にバックスクリーン右へのホームランを打たれてしまい、浮足立ってしまったか、ヒットやエラーでさらに3点を献上。
たたみかけられてしまいます。

相手のほうが応援団の数は少ないような気もしますが、声がでかいというか、やたらと元気。

EOS_2018_07_19_016.jpg


気になったのが、打球音。
厚木北は、「キン」という高い音ですが、麻溝台は「ボコッ」という鈍い音。
芯でとらえられていない感じです。

相手投手が長身で打ちにくいのか、5回に1点を返すものの、完全に打線が沈黙しています。

7回に厚木北は背番号1の投手に交代。
彼がエースなのでしょうが、どちらかというと、この投手とのほうが相性がよさそうにも見えます。
が、7回表は無得点。
あと2回しかありません。

一方、重苦しい雰囲気の中、2回以降6回まで粘り強く0点に抑えていた麻溝のエースですが、7回に2点を追加されます。
1対6で最終回です。

ここまで、大きな盛り上がりがなく、このまま終わるのは寂しすぎます。
何とか一矢を報いてほしいと願っておりましたら、ノーアウト1塁・2塁の大チャンス。

EOS_2018_07_19_021.jpg

この後、3点を返し、1塁側スタンド、盛り上がります。

EOS_2018_07_19_022.jpg

が、後が続かず、4対6で敗退。

EOS_2018_07_19_028.jpg

残念ですが、最後まで諦めず、見せ場を作ってくれてよかったです。


選手の皆さん、お疲れさまでした。

それにしても、あの暑さの中で試合をするのは、すごく大変だと思いました。


  1. 2018/07/20(金) 23:50:15|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0