FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

仮枠だと良いのだけれど

仮枠(テストフレーム&テストレンズ)で調製度数を決めて、後日納品した際、反応がイマイチのことがあります。
たまにあるのが「仮枠のほうがよく見えた」というパターン。

仮枠と実際に納品するメガネとは全く同じにはなりませんので、こういうことは起こる時には起こります。

当店の場合、仮枠に装着するテストレンズは
・直径38mmの円形
・ガラスレンズ
・球面設計レンズ
・球面度数・乱視度数・プリズム・多焦点のトライアルレンズは、それぞれ別(1枚のレンズではなく、複数枚のレンズを重ねて構成される)
といった条件がつきます。

たとえば、玉型サイズ56mmの横長デザインのフレームに、高屈折プラチックレンズ使用の累進レンズを入れて納品したりすれば、テストレンズとはかなり条件が変わってくるわけです。

テストフレームについても、前傾角・反り角・角膜頂点間距離・アイポイントの高さ等が、必ずしも納品したフレームとは同じにならないので、誤差は出ます。


経験上、仮枠のほうが具合がいいという場合、玉型の小さなフレームで作り直すとうまくいくことがあったりしますが、これは「装用感」「違和感」に不具合があった場合の対応であり、視力的な不具合であれば、また違った対処が必要になります。

何が原因かを見極め、適切な対処をしないといけないのですが、なかなかむずかしい場合があったりするのも事実です。
「仮枠のまま使ってください」というわけにもいかず、悩ませられます。

奥の深さを感じさせられる一幕です。




  1. 2018/03/23(金) 23:55:13|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2