FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

足し算の暗算

私は小学校に入学する半年前からソロバンを習い始めました。
そのため、単純な加減乗除に関しては、小学校で苦労した記憶がありません。

今年の初夏のころでしたでしょうか、息子に「12足す13は?」と聞かれまして、私は返答するのにちょっと躊躇しました。
「25」と答えるのは簡単ですが、どうやって25という答えを導き出すのかを指南するのに、どうすればいいのか考えてしまったからです。

といいますのは、私が今の息子と同じ歳のころに、どうやってこの計算をしていたのかを思い出せないのが一つ。
もう一つ、私はこういった暗算をするとき、頭の中に描いたソロバンをはじく癖がついてしまっているため、ソロバンをやったことのない人が暗算をするプロセスを把握していないのです。

仕方ないので、
「12と13をばらばらにしてみましょう。12は10と2、13は10と3です。10と10を足したら20、2と3を足したら5ですね。だから20と5で25になります。」
そんな説明をしました。

それでいいのか、よくわかりませんが、先日妻が買ってきていた足し算のドリルを見てみたら、

ixy_20141216_06.jpg

このように分解していたので、あながち間違いではなかったようです。


ちなみに息子、この類のやりかたで「足し算」はモノにしてきましたが、まだ「引き算」は手も足も出ません。






  1. 2014/12/16(火) 23:53:27|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0