FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

危機管理

昨日の夕方、小田急線が脱線しました。

NHKの画面に、当店最寄りの「相武台前」が、ずっと表示されていたのをご覧になったかたもいるかもしれません。

ixy_20140619_14.jpg

私が最初に小田急が止まっていることに気がついたのは、脱線発生後30分くらいだったころでしょうか。
車で出かけていて、裏道にある小田急線の踏切を越えようとしたら、警官に止められて「ずっと踏切が開かないので迂回を」と言われました。

あそこに警官がいなかったら、えらい目に遭っていたような気がします。

その時点では復旧は23時ごろということだったのですが、結局今朝までダメだったようで。


もし、これが1週間ずれていたら、私が神戸から帰ってくるのと、ドンピシャリでした。

で、もし先週起きていたら、自分はどうしただろうと考えてみますと(家族の協力がないとして)、おそらく事故のことはネット(iPad)でチェックできたと思います。
状況は小田急のサイトで随時確認するとして、小田原方面からなら相武台前までは到達できるようですが、時間的に小田原に止まる「こだま」の運行は終わっていますので、新横浜まで行くしかありません。

問題は、そこからです。
つまり、新横浜から町田まで行くとして、町田から歩くかどうかということです。
1時間半も歩けば相武台には着くのですが、キャリーバックと紙袋に入ったお土産を抱えて、夜中に歩く根性があるかというと疑問です。

これが日中なら、横浜線で橋本→相模線で相武台下→バスで相武台前、というルートを取れますが、深夜では相武台下に着くころにはバスは走っていません。
相武台下から歩くのなら、相武台下に着くまでの時間を考えると、町田から歩いたほうが早く帰れそうです。


ということは、諦めて、新横浜に泊まるか、タクシーで帰るかを、どちらが安いか考えながら選択することになったと思います。
タクシーを使うとすれば、どこで乗るか。
町田ではタクシーはつかまらないでしょうから、横浜線沿線なら、理想は金額的なことも考えて隣りの古淵ですが。
それでもまぁ、おそらくつかまらないでしょう。

長津田あたりならつかまりそうですが、泊まったほうが安いような気もします。
ただ、時間も時間ですし、泊まるなら泊まるでさっさと予約をいれないといけません。
てきぱきと的確な判断を下す必要があります。

まぁ、そんなことをツラツラ考えたわけです。

常日頃から、「どこの駅まで電車が動いていたら、自分はどういう対処をするべきか」ということを念頭においておくことが、
その場であわてずに済むコツであることを痛感しました。





  1. 2014/06/20(金) 23:35:48|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0