FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

応援場所確認

来春の箱根駅伝、芦ノ湖ゴール付近での中大応援団陣地を中大関係のサイトにて確認しました。

1312061.jpg

正確には、月末に届く予定の公式プログラムを参照することになりますが、おそらく下図でいう③か④でしょう。

ixy_20131205_11.jpg

正直なところ、避けてほしかったエリアです。

私は対面で応援団のパフォーマンスを見ながら(こんな感じで)、

IMG_1660.jpg

選手の通過を待つのが楽しみなわけですが・・・


2009年の大会では、上図の①のところで応援団は展開しておりまして、このように沿道を占拠していたのですけれど、

DSCF4964.jpg

今年の大会の①~④のエリアはといいますと、

ixy_20131205_12.jpg

はい、ご覧のとおり、各大学の応援団は沿道にいません。
群衆の後ろにスペースを取って応援しています。

選手から応援団が、応援団から選手が見えない場所で応援しているわけです。

観客が増えてしまって、応援団を追いやらないと、どうにもならないのだと思いますが、気の毒だなぁと思います。

で、それは私にも跳ね返ってきまして、応援団を見ようとすれば選手が見えず、選手を見ようとすれば応援団が見られない、ということになります。
どちらかを犠牲にしないといけないということが、すでに確定してしまいました。

どちらを優先するかというと、選手を見られるほうがよいということになるのですが、じゃあどこに陣取ろうかと悩むわけです。

上図のテレビ画面の場所でもいいのですが、選手が通過する時分にはグチャグチャになっていそうですし、後ろから押されて、まともにビデオもカメラも撮れないリスクもあります。
あるいは、バイクカメラに併走されたりすると選手が見えません。

なので、その向かい側がいいかなと考えています。

しかし、この場所は、今年に関しては8時30分の時点でかなり場所が埋まってしまっていましたから、

EOS_02659_2013120622465663f.jpg

なかなか競争が厳しそうです。

ちなみに、このように早くから陣取る人は「わかっている人」なので、こういう人たちのそばだと、トイレに行くときなどに場所と荷物を見ていてもらったりといったお願いがしやすかったりします。
(単独行なので、これは重要なポイントです)
まぁ、人によりますが。


予定としては、応援が始まって20分くらいは応援団のパフォーマンスを見て、その後、陣取った場所でひたすら通過を待つ、というのがいいかなと考えています。
あまり、応援団に固執しすぎると、陣取った場所に戻れなくなる危険があります。
それくらい混雑しますので。

ちょろっと応援団を見て、あとは「往路の力走をたたえる会」で、応援歌と校歌の斉唱ができればOKと。

でも、それなら何もこんな混んでいる場所に陣取らなくてもいいかなと思ったり。
予定の場所が取れなかったら、どうせ目の前は応援団が来ないのだから、もっと空いているところを取ればいいんでないの、ということです。

そもそも、来年の大会は出場できるだけでもありがたいというものですから、ある程度鷹揚に構えたほうが精神的によさそうです。

当日まで、あれこれ悩むことにします。





  1. 2013/12/06(金) 23:35:11|
  2. 箱根駅伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0