FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

プールの準備

今日は、息子がお友達とビニールプールで遊ぶ約束をしているとのことで、準備するように仰せつかりました。

普通のご家庭なら、庭にビニールプールを置いて、庭の蛇口からホースでジャーッと水を溜めれば済むのでしょうが、当方はそのような環境にはありませんので、暑い中でいかにスマートに準備をするか(水を溜めるか)がポイントになります。

ホースを60メートルくらい用意するのが手っ取り早いのは承知しているものの、そんなに長いホースを保管しておくのも大変です。

かといって、130ℓくらいの水をバケツで何往復もして運ぶことは、開店前にやりたくありません。

というわけで、自宅から収納ケース(67ℓ)を運ぶところからスタートします。
当然、台車も必要です。

ixy_20130818_43.jpg

プールを膨らませるのは電動ポンプのおかげで労せず完了します。

ixy_20130818_44.jpg
ixy_20130818_45.jpg
ixy_20130818_46.jpg

膨らんだプールを設置場所に移動させるわけですが、アスファルトの上に直置きすると底が硬くて痛いので、まず人工芝を敷いて、

ixy_20130818_47.jpg

その上にプールを置くと、底の硬さがかなりマシになります。

ixy_20130818_48.jpg

店の外にある水道から収納ケースに水を注ぎます。

ixy_20130818_50.jpg

溜まったら、蓋をしてプールまで運びます。
蓋をしないと、途中の段差で大量に水がこぼれてしまいかねません。

ixy_20130818_51.jpg

収納ケース(60kg以上になります)を抱えてザバッとプールに水を注ぎこむような力技はできませんので、持ち上げたときに腰への負担が少なくなる量になるまで、バケツで水を移します。

ixy_20130818_52.jpg

結局バケツを使うことに変わりはないのですが、何往復もすることを考えればはるかに楽です。


2回往復すればほぼオーケーなのですが、プール底面の排水キャップを閉めるのを忘れていたので、1回目に注いだ水の半分くらいが、流れてしまっていました。
まぁ、よくある話です。

ixy_20130818_53.jpg

なので、2往復半、あと父がバケツで2往復してくれたのとで、注入は完了。
マットを敷いて準備OKです。

ixy_20130818_54.jpg


さぁ、心行くまで楽しみたまえ。

ixy_20130818_58.jpg



  1. 2013/08/18(日) 23:30:20|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0