FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

乱視による違和感

「よく見える度数」と「快適な度数」は必ずしも一致しない、という話を以前にした気がします。

たとえば、眼鏡をかけたことがない人が初めて眼鏡を掛けたとき、今まで掛けていた眼鏡の度数から別の度数に変えたとき、などの場合、今まで慣れ親しんでいた「見えかたの世界」から、突然「新しい見えかたの世界」へ足を踏み入れることになります。

このとき、脳がこの「度数変化に伴う世界観の変化」についていけないと「何かおかしい」という違和感が生じることがあります。
これは、どんなに正確に度数を測れていたとしても、起こり得ることです。


こういったことは、度数変化という観点から考えると、乱視度数を矯正するときに比較的多くみられるように感じます。

以前、乱視は方向によって度数が変化するもの、というお話をしました。
方向によって、見えかたが変わるわけです。


初めて乱視入りの眼鏡を掛けたとき、あるいは乱視の度数や方向(軸といいます)が変わった時などは、

これまでは、こういう正方形に見えていたものが、

1206161.jpg

新しい眼鏡を掛けることによって、

1206162.jpg
1206164.jpg
1206163.jpg

横長になったり、台形になったり、斜めになったり、といった変な形に見えてしまうことがあるのです。

空間的な見えかたで言うなら「背が低く見える」「壁が倒れてくるように見える」「床が右下がりに見える」などといった感じかたになります。

(こうした見えかたの変化は、左右眼の乱視軸がどのような方向になっているかによって、ある程度パターンが決まってきます)

もちろん、こういう見えかたを感じるかどうかは、度数や軸の変化量に由来しますが、当然人によっても変わってきます。
ある人には全く問題がなくても、ある人は全く受け入れられない、ということがあるわけです。
(年齢とか、性格、なんていうものも関係してきます)


こういった「違和感」を訴えられた場合は、最終的には度数を弱くしたり、軸を変化させたりしていくことで、装用できるレベルに調節をしていかざるを得ないのですが、お店によっては「何段階までの乱視だったら無視する(作る度数に反映させない)」「測定された度数から2段階落とす」などといったマニュアルのようなものがあったりします。

よく言えば、「快適な度数」を決めるためのガイドライン。
悪く言えば、違和感による「作り直し」を要求されることがないように、無難な度数で新しい眼鏡をつくる、ということです。

「今の眼鏡より、ほんのちょっとよく見えるくらいを狙ってつくればいいんだ」というポリシーを持っておられる眼鏡技術者のかたもいるでしょう。

ただ、ここであまりにも「無難」を求めすぎてしまうと、場合によってはお客様の要望と大きくかけ離れてしまったり、視機能の観点から好ましくない状態になってしまったりすることもあります。
ここが難しいところです。
あえて、厳しいところをついていかないといけない必要も、当然出てくるのです。


ですから、これは乱視度数に限ったことではありませんが、お試しのレンズをしばらく掛けてみて、慣れられそうかを確認する「装用テスト」が重要になってきます。

それから、担当者とお客様との信頼関係の構築も大切です。
「これだけじっくり話を聞いてくれたのだから、検査をしてくれたのだから、説明をしてくれたのだから」というのと「こんな簡単に決めちゃって大丈夫なのかな」というのでは、仮に同じ度数であっても感じかたは異なると思います。

論点が変わってきてしまいましたが、杓子定規なマニュアルに頼るだけでなく、じっくりカウンセリングをしていくことも大切だと考えるわけです。

「じっくり」やるためには時間がかかります。
長けりゃいいってものではないでしょうが、お客様も時間的な余裕を持って臨まれると、よい結果が得られる確率は高くなるのではないかと思います。

  1. 2012/06/16(土) 22:49:42|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0