FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

高尾山

昨日は、妻の姉(私にとっては数日違いで義妹)のお家に夕方よりお邪魔をする予定になっていましたので、その前に高尾山へ行ってみることにしました。

13時過ぎに高尾山口駅前の駐車場に車を止めました。

EOS_0913.jpg

ここへ来たのは、大学3年の春以来ですから、ほとんど20年ぶりになります。


今回は別に山頂目指して登山をしようなどというわけではなく、ケーブルカーに乗って、サルを見て、それで帰ってこようという、いたってお気楽な工程でありまして、

EOS_0914.jpg

せっかくなので、登りはリフトを利用することにしました。

EOS_0969.jpg

ちなみにリフトに乗るためには、急な石段をしばらく登らねばなりません。
無論、大した段数ではないのですが、途中で年配の御夫婦が「こりゃ、足の悪い人は無理だわ」と言いながら休んでいました。
リフトで楽をしようと思うと、ヤケドします。

EOS_0970.jpg


リフトに大人しく座っていられるような息子ではありませんから、私が抱っこひもでしっかりキープ。

1109092.jpg
EOS_0922.jpg

妻は後ろのリフトです。

EOS_0930.jpg

12分ほどで到着。

EOS_0931.jpg


ケーブルカーの高尾山駅までほんのちょっと歩くと、こんな景色になります。

EOS_0933.jpg


しかし息子は、いつものように自動販売機で遊ぶのに夢中です。

EOS_0934.jpg

しばらくしてから、ようやくサル園に向かって歩き始めました。

EOS_0936.jpg


ところで、曲がりなりにも高尾山に来ているわけですが、「登山」をするつもりがなかったため、私は半袖短パンにサンダルという「山をナメとんのか」と言われたら謝るしかない格好だったので、非常に肩身が狭かったです。

EOS_0928.jpg


高尾山駅から200mくらいでサル園・野草園に到着です。

EOS_0955.jpg

ニホンザルは夏が苦手だそうで、日陰で休んでいます。

EOS_0938.jpg


息子はサルには目もくれず、台の上をトコトコトコトコ行ったり来たり。
このあと、足を踏み外して落下し泣いておりました。

EOS_0946.jpg

結局、サルのオブジェには一瞬興味を持ったものの、

EOS_0953.jpg

まともにサルを見ることなく、入口手前のちょっとした坂道を登ったり下ったり、30往復近くしていました。
一応、登山のつもりだったのかもしれません。

EOS_0951.jpg
EOS_0952.jpg

階段も頑張って登っていました。

EOS_0937.jpg
EOS_0949.jpg


何しに来たんだかわからないまま、ケーブルカーで下山です。

EOS_0956.jpg

一番前をゲット。

1109091.jpg

このケーブルカーのウリは、最大斜度31度18分「日本一の急勾配」。
ちょうどこのあたり。

EOS_0960.jpg

6分ほどで清滝駅に到着です。
レールの下に作業員さんが数名。

EOS_0965.jpg
EOS_0967.jpg


この時期の高尾山の一番の人気スポットは、ケープルカーの高尾山駅そばの「ビアマウント」だそうで。
2時間食べ放題・飲み放題のバイキングで、こんな夜景も見られるらしい。

EOS_0971.jpg
1109093.jpg

今年は10月2日までとのこと。


高尾山口駅の周りにはお蕎麦屋さんがたくさんありまして、蕎麦好きの私にはありがたいのですが、息子がまだ蕎麦を食べたことがないので、うどんを出してくれるお蕎麦屋さんでないと入れません。
でも、蕎麦一筋のお店ではうどんは打たないほうが多いですよね。

幸いにも、うどんもやっているお店があったので入りました。
このお店の一番のおすすめは「とろろそば」だというのが、外観や中の様子でよくわかります。

しか~し。。。

息子(&妻)のオーダーは「冷やしたぬきうどん」。
私はというと、とろろはNGなので「もりそば 大盛り」。

やる気の起きない客で、どうもすみませんでした。

  1. 2011/09/09(金) 23:02:29|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0