FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

ネジ止めしないフチなしフレーム

あるメーカーからヒット商品が出ると、おいしいところを一人占めさせてなるものかと、似たような商品が他メーカーから後発するというのは、どこの業界でも似たようなものかもしれません。

従来のフチなしフレームは、フレームとレンズとをネジで止めるタイプが主流でしたが、最近はネジを使わずに特殊な部品で止めるタイプが多く出回るようになりました。

たとえば、こんな感じのものなのですが。

11070510.jpg
1107059.jpg

ネジを使いませんので、ネジが緩んでレンズがグラグラするトラブル刃起こりません。
まぁ、加工がいい加減だとグラグラすることはあるでしょうし、よっぽど変な力の加わりかたをすれば、フレームからレンズが抜けることもあり得ます。
が、そう頻繁に起こることではないでしょう。


これ、どういうふうに止めているかというと、まずレンズに二つ穴を開けることから始まります。
この穴開けが肝です。

1107058.jpg

フレーム側にはレンズの穴に差し込む出っ張りがついていて、

1107057.jpg

レンズの裏側から、この出っ張りをこんな部品で押さえて止めるのです。

1107056.jpg

この止める部品は一定のサイズ(長さ)でメーカーから送られてきます。
レンズの厚みによっては、レンズから飛び出てしまいますので、

1107055.jpg

適切な長さに切り揃え、押しこむための工具を使って、

IMG_8403.jpg

こんな風に挟んで止めます。

1107054.jpg

つまり、専用の部品がないとどうしようもないですし、専用の工具がないと難儀するということですね。


さて、はめたレンズは滅多に抜けることはないのですが、はめた後で「面取りをやりなおしたいな」とか「コパの磨きを修正したいな」なんていう場合、あるいはこのフレームを生かしてレンズを交換してほしいなんていう場合には、レンズを抜かないといけません。

その場合には、こういう工具を使って、

1107053.jpg

フレーム側の出っ張りをレンズの裏から押し出して抜くことになります。

IMG_8406.jpg

気をつけないとレンズにダメージを与えます。
外したレンズをまた使う場合には要注意です。


なお、この工具で抜く前に、止めるための部品に穴を開けておく必要があります。
そうしないと、外すための工具が使えませんので。

1107051.jpg

このとき、穴を開ける作業をドリルでやると、刃先が滑ってレンズを傷つけるリスクが高くなりますので、当店ではマイナスドライバーの先端をドリルの刃のように改造したものを使っています。
このほうが刃先の角度が浅いので、滑りにくいのです。

1107052.jpg


ここでご紹介したのは、フレーム側の出っ張りが樹脂のものでしたが、金属性のもののほうが多く出回っていますが、工程は同じようなものです。

11070512.jpg


ただ、このシリーズのフレームは、レンズの縁が厚すぎると部品による固定が効かない(甘くなる)ですし、逆に薄すぎても具合が悪いのです。

穴を開ける位置で約2mmの厚さがないと不安が残ります。

11070511.jpg


また、厚すぎない範囲であっても、そこそこの厚みになればレンズの重量が増えますので、テンプルの太さ(重さ)によっては、装用時のバランスが悪くなります。
「超軽量フレーム」とうたっておきながら、ずり下がりやすいメガネになる可能性があるということです。

ですから、きちんとお店の人と相談した上で購入することがとっても大切になります。
まぁ、それはこのフレームに限ったことではないのですがね。

  1. 2011/07/05(火) 23:35:50|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0