FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

メガネがなくなった

「メガネをなくしてしまいました。。。」

ということで来店されるお客様が、年に数人おられます。

新しく作りたいということなので、お店としてはありがたいのではありますが、ちょっと注意が必要です。


大抵の場合、「ないと困るので、早くほしい」という注文がつきます。

メーカーに在庫のある度数ならよいのですが、ほとんどが凸レンズの注文になりますので、レンズの厚みの観点から、できれば厚みの減らせる注文の仕方をしたいところです。
そうすると、時間がかかります。
遠近両用レンズ等でも、やはり時間がかかります。
メーカーには「至急」の依頼をしてはみますが、それでも数日かかります。


「なくならなければ買う必要がないものなのだから、安くしてほしい」と言われることもあります。
お気持ちはわかりますが、「では、半額にしましょう」などということは当店では起こりません。
できるかぎりのことはいたしますが。。。


「あのフレーム、気に入っていたから同じものがほしい」と言われることもあります。
服や靴などと同じように、メガネは多品種少量生産の一面がありますので、ご希望に添えないこともあります。
「似たものでいいから」となっても、店頭になければ探さないといけません。
なくして困っているにもかかわらず、これでは余計に時間がかかってしまいます。


まぁ、そんな感じで幾つかの課題をクリアして、注文が完了したとします。
が、この後に問題が起こることがあるのです。

納品までの数日の間に、お客様から電話が入ります。
「メガネが見つかりました。この前頼んだものはキャンセルさせてほしい」と。


注文したレンズのキャンセルについては以前触れましたが、なかなか厄介です。
フレームも既にフィッティング済みです。
お客様の気持ちは分かりますが、店としては非常に困ります。

ここから先は、お客様とのご相談になりますね。


したがって、「なくしたので作りたい」という場合には、

・もう一度探されてはいかがですか?新しいのを買うと、意外と見つかるものですよ
・あとで見つかっても、キャンセルやご返品はお受けできませんがよろしいですか

といったことをお尋ねしておくのが無難です。


基本的に、家の中でなくしたというのが明確な場合、思いがけないところから出てくることが多いものです。

たとえば、ティッシュの箱の中とか。
IMG_8263.jpg



ないと困るものですから、すぐにでも注文したいのは山々だとは思いますが、一度落ち着いて探してみることも大切だと思います。
  1. 2011/06/15(水) 23:27:39|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0