FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

できれば確認を

以前、お子様用のメガネに保険が適用される場合があるという話をしました。

保険申請のためには、通常の眼鏡処方箋ではなく、

1004113.jpg
IMG_3252.jpg

治療用眼鏡作製指示書が必要なわけです。
(通常の眼鏡処方箋では、治療用か否かの判断ができないため)

1004111.jpg
IMG_3256.jpg

多くの眼科では、処方箋と指示書を両方発行されるのではないかと思います。
そして、その両方を眼鏡店に提出される保護者のかたが多いようです。


先日、以前に当店で一式作製いただいたお子様が、度数が変わったということで、レンズ交換ご希望で来店されました。
処方箋と指示書を提示されましたので、確認しますと。。。

左眼の乱視軸とPD(左右瞳孔間距離)が、処方箋と指示書とでは異なっていました。

記載されている数値および、前回作製したときのデータを元に推察するに、処方箋のほうが正しいようには思うのですが、そうである保証は何もありません。
その眼科に電話をしましたが、あいにく受付時間が終わっていましたので、後日問い合わせました。

今回のケースに限らず、処方箋の記載に漏れがあったり、ちょっと気になる点があったりするときに、眼科に電話確認をすることが、ごく稀にあるのですが、そういった場合ほとんどと言っていいくらい、応対してくださったスタッフのかたは、「ご迷惑おかけしてすみません」とか「ご確認くださってありがとうございます」といった類のことをおっしゃられます。
お互い丁寧に、ある意味気持ちのよいやり取りがなされるわけです。

が、今回はちょっと違いました。
応対されたかたは「眼鏡処方箋が正しいです。処方箋なんですから。」と間髪いれずにおっしゃる。
率直に申し上げて、これは回答になっていません。
きちんとカルテなり、処方箋の発行記録なりを確認された上での返答とは思えず、これではこちらも不安になります。

たとえば、「カルテには、右眼が○○○、左眼が○○○、PDが○○となっています」といったやり取りがあれば
安心なわけです。
最終的に、カルテの記載事項と照合してもらうことができ、処方箋が正しいことがわかりましたので一件落着でしたが、終始めんどくさそうで良い感じはしませんでした。

もしお客様が「指示書」のみを眼鏡店に提出していたら、どのようなことになったのかということを考えれば、もう少し血の通った応対の仕方があったのではないかと思います。

「アナタの電話の仕方が慇懃無礼だったから、先方も気分を悪くしてぞんざいな受け答えになったのでは?」と思うかたもおられるかもしれません。
感じかたは人それぞれですから、そういう可能性もゼロではないと思いますが、客観的にみて、あれを無礼ととられたら、私はどこにも電話できません。


ちょっと横道にそれましたが、何が言いたいかと申しますと、もし「処方箋」と「指示書」を発行されたら、一応両方の数値を見比べておいたほうがいいのではないかなということ。
といっても、一般のかたにはわかりにくいと思いますので、眼鏡店には、念のため両方提出したほうがいいのではないかな、ということです。
  1. 2010/12/17(金) 23:23:07|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0