FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

視力が違う

当店で視力検査を行う際、たまに聞かれるのが「○○○で測った視力と違う」ということ。

眼科であったり、勤務先であったり、学校であったり、そういったところで測った視力と違うというわけです。
当店で測ったほうがよい視力の場合もあれば、悪い視力の場合もあります。

視力は、測定する環境によって変化する部分があります。


たとえば、視力表が紙なのか、行燈タイプなのか、投影タイプなのか、といった違い。

1010241.jpg
IMG_4691.jpg

あるいは、ランドルト環なのか、カナなのか。

検査距離は何メートルだったのか。

検査室の明るさはどうだったのか。

とにかく無理矢理でもいいから視力表を読まされるように促されたのか。

などなど。

検査距離5mでのランドルト環視表で、一定の明るさのもとにて測定されるのが理想ですが、眼疾患によっては同一測定条件下でも、日によって視力が異なることもあるでしょう。

なので、「ある施設では0.7だったのに、ある施設では0.8だった」とか、「先週は0.9で今週は1.0だった。一体どっちが正しいんだ」といった感じであれば、余り神経質になる必要はないと思います。

ただし、昨日までは1.0見えていたのに、今日は0.2しか見えない、あるいは視力は測っていないけれど、明らかに昨日までと見えかたが異なる、なんていうのはちょっとおかしいので注意が必要ですけれど。
  1. 2010/10/24(日) 23:51:31|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0