FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

応急処置

フレーム前面とテンプルをつなぐ、蝶つがいの部分、

100972.jpg

ここを丁番(蝶番)とよびます。
(ちょうばん、読みます)

この部分は、踏んでしまったり何らかの力が加わって曲がったりすることも多く、

テンプル側の金具が

1009275.jpg

折れてしまうことも珍しくありません。

1009274.jpg

このような場合、新しい金具をくっつける、もしくは折れてしまった部分を接合する、といった修理が可能なケースが多いのですが、当店ではこの修理をすることができません。
大変申し訳ないのですが、修理専門の業者に送ることになりますので、フレームをお預かりして約一週間の日にちをいただかなくてはなりません。

「そんなに預かられたら困る」「簡単でいいから、すぐ直して」と言われることも多いので、そんな場合には応急処置をすることになります。


お客様が壊れたフレームを置いていかれることがあるので、

1009273.jpg

テンプルだけ外して保管してあります。

右テンプル
IMG_4472.jpg

左テンプル

IMG_4471.jpg


この中から、まず合口のサイズが合うものを選び、その中から色合い、テンプルの太さなどがうまい具合に合うものを探して取り付けるわけです。

そうはいっても、同じものではないので、フレーム前面との一体感はありませんし、右テンプルと左テンプルは同じにはなりません。
要するに「耳に掛けられる状態にする」ということだけを考えての作業です。


中には「左右同じにしてくれないと嫌だ」というかたもおられますので、そういう場合には左右ペアになっているものの中から、

IMG_4470.jpg


条件に合致するものを探すのですが、左右ペアで保管してあるものは非常に少なく、ほとんどの場合は無理なので、ご容赦いただいています。


新品を仕入れているわけではなく、お客様の不要になったものを取り付けているわけですから、「そんなもん、タダでやってくれよ」と言われることもありますが、合うものを探す手間、必要に応じて合うように金具を削る手間、型直しをする手間、フィッティングをする手間、などがかかりますので、わずかばかりの手間賃を頂戴しています。
ご要望で先セルを新品に替える場合は、その部品代もいただいております。

それでも、業者に修理に出すよりは安くて早いですので。。。



なお、すべてのテンプルに対応できるわけではありませんし、フレーム前面側の金具が折れた場合にも対応はできませんので、ご了承ください。

1009271.jpg

↑テンプルを取り付けるための金具がなくなっているので、どうしようもないのです。

  1. 2010/09/27(月) 23:57:43|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0