FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

割れるときは割れます

プラスチックレンズと比較した場合におけるガラスレンズの欠点の一つが「割れやすさ」

IMG_3633.jpg


では、プラスチックレンズは割れないのかというと、決してそんなことはありません。

力のかかる場所・力のかかりかたなどが悪く、なおかつかかる力が強大であれば、プラスチックレンズといえども。。。。

割れます。

IMG_3652.jpg

この画像のレンズは、屈折率1.60のプラスチックレンズ、度数はS-2.00です。
屈折率1.60のプラスチックレンズは、縁なしフレーム(レンズに穴を開けて止めるタイプ)に推奨されている、粘り気の強い素材なのですが、それでも割れてしまいました。
(今回の場合は、フレームからレンズを外してもレンズがバラバラにはなりませんでしたから、亀裂が入ったというのが正しいのかもしれません。)

とはいえ、こんな感じで割れてしまうことは、滅多にありません。
当店で遭遇したのは、この7年間で2件か3件です。
ですから「プラスチックレンズは割れない」という説明をするのは誤りでしょうが、「割れにくい」というのは間違っていないと思います。


なお、スポーツゴーグルなどに組み込む場合、より衝撃に強いレンズというものもありますので、とにかく割れにくいものをご希望の場合は、お店でご相談されるとよいと思います。
  1. 2010/06/21(月) 23:45:43|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0