FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

おわかりいただけたでしょうか?

「メガネの値段の違いは、何に由来するのか」という疑問に対して、だれもが納得できるように明確に答えることは、フレームやレンズに明らかな違いがなければ、簡単なようで難しいものです。


当店のお客様ですが、眼鏡量販店のチラシを引き合いに出され「1万円くらいでメガネができるって書いてあるのに。。。」と、何度となくおっしゃるかたがいらっしゃいます。

このお客様は、白内障の手術後に上下斜位が発生しました。
室内なら問題ないけれど、運転中に遠くを見ると、景色が上下にダブるという主訴に基づき、ごく軽度の混合乱視に、左右で上下3プリズムを組み合わせた遠近累進レンズを納品し、問題なくお使いいただいておりました。

ところが、そのメガネを破損されてしまったため、他店で新規にメガネ(遠近累進)を作られたそうです。
そのメガネが、どうも具合が悪いとおっしゃるのです。
室内ならよいけれど、外出時には使いにくく疲れる、とのことでした。

当店で再度、度数や斜位の程度などを測定し、持参された具合の悪いメガネと比較してみますと。。。

フレームはもちろん違います、遠視や乱視の度数は微妙に違います、レンズのメーカーも違います、が、決定的に違うのは持参されたメガネに上下プリズムが入っていないことでした。

そこで、トライアル用のプリズムレンズを用意して、
1003021.jpg

まず、具合の悪いメガネを装用していただいて外の景色を眺めていただきました。

「見にくい」とおっしゃる。

次いで、その状態のまま、眼前にプリズムレンズを当てると、

「見やすい」とおっしゃる。

必要なプリズムが組み込まれていなかったために生じた不具合である可能性が、極めて高いようです。


「こういう両眼のチームワークを助けるレンズが必要であることを見抜いた上で、適切に度数決定ができるかどうかということも、メガネを作る上では大切なんですよ」ということだけ、申し上げておきました。


具合の悪いメガネを幾らで作られたのかは聞いておりませんし、この程度の初歩的なプリズム処方のある・なしでは「値段の違いが、何に由来するのか」という疑問への回答にはならないでしょう。

それでも、何かを感じていただければ幸いです。


ちなみに、このお客様には、当店処方値にて新規に一式ご注文をいただきました。

毎度ありがとうございます。
  1. 2010/03/02(火) 23:00:15|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0