FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

曲げにくいモダン

テンプルの先の部分、一般にモダンと呼ばれる箇所は、通常耳に沿うように調整をします。

たとえば、こんな感じです。
0912052.jpg
0912051.jpg

ところが、フレームによっては、このモダンの調整がしにくい・できないものがあります。

曲げることを考えていないストレートテンプル
0912055.jpg

「なまし」がなく、初期設定の形から変形させたくても硬くて曲がらないタイプ
0912056.jpg

この類のものは、骨格に合わなければどうすることもできません。
私は、こういうフレームは好きではないので、ほとんど仕入れていないのですが、それでも何本かは在庫を持っています。
合う人にしかお売りできないフレームです。


一方、先セルの形状に問題があるがゆえに曲げにくいものがあります。

先セルが無駄に厚くて、位置によっては曲げるのに難儀するタイプ
0912057.jpg

骨格によっては、先セルの形状そのものが合わないタイプ
0912058.jpg

幸い、これらのタイプは先セルを一般的なデザインのものに交換してしまえば、問題はありません。
フレームの風合いは変わってしまいますが、仕方ありません。
(稀に、汎用の先セルでは合わないことがありますが、そうなると苦しいです)


通常なら何の問題もないフレームでも、耳の位置によっては、曲げたい場所で曲げられないこともあります。

耳の位置がかなり前方にあるため矢印の位置で曲げたいけれど、曲げたい位置が手前過ぎて「曲げることのできるエリア」を超えてしまっている場合
(金属フレームの場合、ある範囲を超えると「なまし」が入っていなかったり、曲げにくい太さになっていたりします)
0912054.jpg

このようなケースでは、残念ですがフレームを選びなおしていただかなくてはなりません。


さて、このように、フレームによっては問題が生じることがあるわけですが、いずれの場合も自店で販売をするのであれば、きちんと説明をしご理解をいただいた上で適切な対応をすることで解決が可能です。


困るのは、他店さんで購入したものの調整を要求される場合です。
ほとんどフィッティングをしないで納品するようなお店は論外ですが、雑貨屋さんやアクセサリー売り場などで買ったサングラスなんていうのによく見られるのが、

曲げたい位置が太すぎて、曲げたくても曲げられないケース
0912053.jpg

「何とかしてくれ」と言われても困ります。
「太くて曲げられないなら、少し削って細くすればいいんじゃないの?」なんて言われたこともありますが、お断りです。


メガネの装用感は、モダンの調整だけで決まるものではありませんが、モダンの調整が不適切であれば装用感は大きく低下します。
セルフ販売の売り場や通販でフレームなりサングラスなりを購入するのは、それだけリスクが伴うものであることを
お知らせしておきます。
  1. 2009/12/05(土) 23:33:05|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0