FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

ママチャリ

私が、補助輪なしの自転車に初めて乗れたのは、小学校二年生くらいだったと思います。
特別、自転車に乗る必要を感じず、友達が自転車で移動するときは、走ってついていったような感じでしたので、乗れるようになるための練習をまともにしませんでした。

ある日、このままではいけないと思った自分は、坂道まで自転車を押して行き、そこをいきなり自転車で下るという暴挙に出ました。
そうしたら、乗れるようになりました。
一発で。

ペダルを踏む必要はありません。
またがっているだけで、自転車は動きますから、それでバランスのとり方を覚えるのです。
歩行者や車に注意すれば、お勧めの方法だと思います。


高校へは自転車通学でした。
赤い自転車にバックミラーを左右につけて、日々疾走していました。
愛着のある自転車でしたが、大学生のころに盗まれました。

ダイエー社員だった時には、自転車売り場の担当だった時期があり、自転車組立整備士と自転車安全整備士の資格をとりました。
更新していないので、失効していると思います。
自分の売り場で、当時学生さん向けの自転車としては主流になっていた、ストレートハンドルのものを一台買いましたが、あっいう間に盗まれました。

眼鏡学校時代も自転車通学でした。
三段変速のママチャリです。
車を持っていなかったので、アルバイトしていたメガネ屋さんへの往復をはじめ、結構乗り回しました。
この自転車は盗まれることなく、卒業に際し、我がご師匠様であらせられる関先生へ進呈しました。

留学していた時も自転車を買いました。
ママチャリはないので、マウンテンバイク風のものを買いましたが、変速機の調整状態がお粗末だったので、自分で調整しなおす羽目になりました。
でも、車を入手してからは、乗らなくなっちゃいました。


私は、ハンドルやフレーム、スタンドの形状がママチャリ風の自転車が乗りやすくて好きなので、今乗っているのもママチャリです。

といっても、滅多に乗らないんですけど。

今日は、三カ月に一回程度、定期検査に通っている病院へ自転車で行ってきました。
いつもは車で行くのですが、出遅れてしまって、駐車場が満車だと困るので。
たま~に乗ると、結構疲れます。
  1. 2009/10/22(木) 18:46:57|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0