FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

補聴器の乾燥

梅雨が明け、夏本番になってまいりました。

この時期、補聴器のトラブルとして多くなるのが、湿気による不具合です。

補聴器本体は湿気に弱いため、使わない時によく乾燥させることが長持ちさせる秘訣です。


当店では、耳穴型・耳掛け型を問わず、補聴器を使用しないときには乾燥ケースに保管していただくことをお願いしております。
07183.jpg
07181.jpg

乾燥ケースの中には、いわゆるシリカゲルが入っています。
07184.jpg

シリカゲルは、中に入っている青いツブツブが、赤くなったら(画像右側)交換時期です。
07182.jpg


当店には、補聴器用の乾燥機が置いてあります。
IMG_0973.jpg

音の出が悪くなった補聴器も、乾燥機にかけると復活することがよくあります。

ただいま乾燥中
IMG_0975.jpg


保証期間が過ぎてしまうと、補聴器の修理代金は結構な金額になってしまいます。
日ごろのメンテナンスが大切です。
補聴器を乾燥させる作業は、メンテナンスの中でも重要な位置を占めるものですので、ぜひ継続して実施していただきたいと思います。
  1. 2009/07/18(土) 23:37:58|
  2. 補聴器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0