FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

今日のディナー

閉店が遅くなり、閉店まで残っていた妻に、これから食事の用意をしてもらうのも気の毒なので、近所の回転寿司屋さんに行きました。
三年くらい前に行ったときは、好みのネタがほとんどなく、全般的に私の口にあわなかったのですが、最近は方針転換されたのか、なかなかいい感じになっています。

白身三貫握り
IMG_0787.jpg
ひらめ・金目鯛・八幡鯛の組み合わせ

全皿均一価格ではなく、ネタによって値段が変わるため、白身と貝中心にオーダーの組み立てをする私の場合は、どうしても割高になってしまいます。
そのため、好物である低価格ラインのタコ(ボイル)を巧みに何皿か組み込むのが、価格を抑える上でのポイントとなるのです。
(お店によっては、「生きタコ」を扱っている場合もありますが、こちらは低価格ではないので、調子に乗って何皿も注文すると泥沼にはまります。)

今日は入店時間が遅かったこともあり、終わってしまったネタも多くて残念でした。
  1. 2009/06/12(金) 23:45:38|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0